カスペルスキー、仮想化環境向けセキュリティソフトの新製品を販売開始

カスペルスキーは8月24日、仮想化環境向けセキュリティソフトウェアの新製品「Kaspersky Security for Virtualization 3.0 Light Agent Service Pack1」を販売開始した。

同製品は、ソフトウェアエージェント「Light Agent」とセキュリティ仮想マシン(SVM)の組み合わせにより、仮想サーバや仮想デスクトップ環境(VDI)のパフォーマンスを損なわずに保護を実現する。VMware vSphere、Microsoft Hyper-Vのハイパーバイザーをサポートする。

Kaspersky Security for Virtualization Light Agent の構成

仮想マシンには、軽量でシステムリソースの消費を最小限に抑えたソフトウェアエージェント(Light Agent)を導入するだけでよく、複数のハイパーバイザーにSVMを同時に配置することが可能。

定義データベースの更新はSVMにのみ行われるため、アンチマルウェア機能によるアップデートストーム/スキャンストームの発生を防ぎ、パフォーマンスの低下を抑制するという。

SVMに異常が発生した場合はセルフモニタリング機能が働き、自動でSVM内の該当するプロセスの再起動を試みる。異常が解消せずにSVMと仮想マシン間との通信が遮断された場合は、仮想マシン上のLight Agentが他のハイパーバイザー上で稼働しているSVMに自動で接続するため、保護機能が中断されることなくセキュリティシステムの運用が維持される。

また、「Kaspersky Security Network(KSN)」と連動して最新の脅威情報を利用し、ゼロデイ攻撃などの最新の脅威から仮想化環境を保護する。

Kaspersky Security Center(管理サーバ)上のイベント一覧

販売はパートナー企業経由で行われ、価格は最小構成の1CPU当たり16万円(税別)となっている。Kaspersky Security for Virtualization Light Agentは、Kaspersky Security for Virtualizationのライセンスに含まれており、同ライセンスに含まれるその他のアプリケーションは、Kaspersky Security for Virtualization Agentless、Kaspersky Security Center。

<お知らせ>
ITソリューション検討Information

マイナビニュースのIT Search+では、ITソリューションの検討に役立つ情報を掲載しています。
ここでは、IT Search+の人気記事ベスト3をご紹介。ぜひ、ビジネスにお役立てください。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事