ギフティとデジマース、Webサイトなどでギフト・コードを提供する「dgift」

ギフティとデジマースは8月8日、業務提携し、Webサイトやスマートフォンのアプリ内でユーザーにデジタル・ギフト・コードをインセンティブとして提供するソリューションである「dgift(ディーギフト)」を共同で提供開始した。

dgiftの運用イメージ

新ソリューションは、ギフティが運営する「giftee」で取り扱うドリンクやフードなどのeギフトをコード化し、スマートフォンのアプリやWebサイトを利用するユーザーにインセンティブとして配布し、利用を促進するというもの。

デジタル・ギフト・コードをユーザーに付与するシーンは、入会時やアプリのインストール時のほか、特定のレベルを達成したタイミングなど自由に設定でき、多様なキャンペーンへの利用が可能だという。

また、当選確率の設定も可能であり、全ユーザーを対象とするプレゼント・キャンペーンや抽選型のキャンペーンで利用できる。ユーザーの個人情報を取得することなくデジタル・ギフト・コードが配布可能なため、個人情報管理が不要としている。

さらに、管理機能の利用により、同一ユーザーへのギフト・コードの重複配布の防止も可能。dgiftのシステム導入の設定も容易で、開発コストなども発生せず、従来のアフィリエイト広告の導入と同様にWebサイトやスマートフォンのアプリ内へタグを設置するだけで利用開始できる。

今回の提携により、ギフティは、自社開発したeギフトを配信する「eGift System」をベースに、ゲーム・アプリやWebサービスの運営会社、およびユーザーが容易に利用でき、可用性の高い安定したdgiftの運用基盤とeギフトを提供していくとしている。

デジマースは、これまで培ったスマートフォン・コンテンツ提供サービスの運営やそれに関わるプロモーションの知見を生かして、dgiftの普及と推進に向け、ゲーム・アプリやWebサービスの運営会社に対して、最適なユーザーの利用動機向上のソリューションを提案していくという。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事