使用期限が切れた薬!あなたは飲みますか、捨てますか!?

使用期限が切れた薬!あなたは飲みますか、捨てますか!?

たまに頭痛や腹痛が起きると、頼りになるのが常備薬です。しかし久しぶりに薬を服用しようとしたら、「使用期限が切れていた」なんていうこともありますよね。自分は痛みや辛さで我慢している最中であり、今からドラッグストアへ行って薬を買うのも面倒くさい……。使用期限が切れていても少しなら飲めるのではないか!? こんな時、みなさんは使用期限切れの薬を飲むのでしょうか。また、どのくらい過ぎていても大丈夫だと思っているのでしょうか、アンケートを取ってみました。


ranking

【質問】
常備薬の使用期限切れはどのくらいなら使用しますか?


【回答数】
第1位・・・使用期限が切れたら使用しない:30.3%(91)
第2位・・・半年以上~1年未満:21.3%(64)
第3位・・・3ヶ月以上~半年未満:10.7%(32)
第4位・・・1年以上:10.0%(30)
第5位・・・3週間以上~1ヶ月未満:7.7%(23)
第6位・・・1日未満:5.0%(15)
第7位・・・2ヶ月以上~3ヶ月未満:5.0%(15)
第8位・・・1ヶ月以上~2ヶ月未満:3.3%(10)
第9位・・・4日以上~1週間未満:2.3%(7)
第10位・・・1週間以上~2週間未満:2.0%(6)
※10位以下は省略
(マイナビ賃貸調べ)


薬は怖い! 使用期限が切れたら使用しない!
アンケートの結果、「使用期限が切れたら使用しない」と答えた方が最も多い結果となりました。

・「薬の劣化による、体内の影響が心配だからです。食品と違い、医薬品の扱いには慎重になります。」(40代/女性/パートアルバイト)
・「変質していそうな気がするし、そうなると自分の体にどんな影響が出るかわからないので。」(30代/女性/自由業・フリーランス)
・「薬の場合は食品とは違うので、期限切れたら捨てるようにします。」(30代/男性/無職)

普段口にする食べ物ならば、においや見た目で判断して賞味期限が切れても食べる方が多いようです。しかし具合が悪い時に服用する「常備薬」に関しては、服用することによりもっと具合和が悪くなったら困る、そうした理由から使用しない人が多数見られました。薬メーカーももちろんそのように推奨しており、使用期限が過ぎていたら潔く破棄することも必要のようです。


見た目は変わってないから大丈夫!?
一方、2番目に多かったのは半年程度なら服用するといった回答です。

・「形状が変わっていたりしなければ、1年くらいは普通に飲んでしまいます。特に効能に変化もないですし。」(40代/女性/専業主婦)
・「あまり気にしないで飲みます。基本的に体調を一時的にでもよくすることが目的なので。」(30代/男性/無職)
・「実際に1年くらい切れた薬を飲んでも効いたので、1年以内なら使います。」(30代/女性/会社員)

一番多かった「使用期限が切れたら使用しない」との答えとは逆の考えのようです。薬の多くは使用期限を過ぎても見た目もにおいも変化しないため「きっと大丈夫、買いに行く手間を考えたらとりあえずその場では飲む」といったところでしょうか。


薬はだいたい「半年」を目安に服用を考えます
3番目に多かった回答は「3ヶ月以上~半年未満」でした。

・「半年くらいです。これ以下だと薬代がもったいないと感じるし、これ以上だと薬の効き目が無くなってしまうと感じます。」(20代/女性/会社員)
・「食べ物と違い数ヶ月はいけると思って使ってしまいますね。それにそうして今まで何か副作用がおきたことがないですから。」(30代/男性/会社員)
・「保存場所にもよりますが、冷蔵庫の中ならこの薬の効能も落ちないと思っています。」(60代/男性/会社員)

食品でも乾物類であれば、賞味期限が切れても大体3ヶ月以上~半年未満くらいであれば食べる方が多いと聞きます。その感覚からか、腐ったり変色したりしにくい常備薬も、この程度の期間ならば飲めると考える方が多いようです。捨てるにはもったいないと考える気持ちも後押しし、半年を目安に置いておく方が目立ちます。


大体1,2カ月が目安でしょ!? 薬の使用期限
4番目に多かった回答は「3週間以上~1ヶ月未満」、次いで「2ヶ月以上~3ヶ月未満」「1ヶ月以上~2ヶ月未満」など、1、2ヶ月を中心とした回答結果が多く見られました。

・「薬なので、長く使用期限が設定してあるものなので1カ月以内なら多分大丈夫だろうと思い使用すると思います。」(30代/女性/専業主婦)
・「そこまでの頻度で服用しないのでけっこう期限が切れて捨てることが多いです。1ヶ月くらいならいいかなと思っています。」(40代/女性/専業主婦)
・「わたしは、2ヶ月以上~3ヶ月未満ぐらいならば使用してしまいますね。 そのぐらいならまだ効果がなくなるわけではなさそうな気がしますから。」(40代/男性/フリーランス)

薬の使用期限はだいたい2、3年と長期に渡っての使用が可能です。それだけ長期間使用できるのであれば、1、2ヶ月くらい過ぎても大丈夫と考える方が多いようです。半年や1年過ぎてしまうと変化の恐れがあるが、「数ヶ月」であれば大丈夫では……といった考えが伺えます。


薬は余って良いものと考え、使用期限を過ぎたら捨てよう!!
今回のアンケートを見ると、約半数の方が「使用期限が切れたら使用しない」と答えています。しかしその一方残りの大半の方が「使用期限を過ぎても飲んでいる」という事になり、これは非常に危険なことと言えるかもしれません。薬の劣化は目には見えにくいものですが、使用期限をすぎた薬の服用は思わぬ危険があります。余った薬を見るともったいないと感じてしまいますが、潔く処分しましょう。薬が余った分だけ「飲まずに健康でいられた」と考え、新しい期限内の薬を常備しておくことが大切です。


■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2016年04月27日~2016年05月11日
■有効回答数:300サンプル


本記事は「マイナビ賃貸」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

2017年5月25日の運勢

イチオシ記事

新着記事