櫻井翔、タッキーへの嫉妬心を反省「大変さも知らずに」- 不仲説の真相告白

嵐の櫻井翔(34)とタッキー&翼の滝沢秀明(34)が、14日に放送されたTBS系バラエティ番組『櫻井・有吉THE夜会』(毎週木曜21:57~22:54)で不仲説について言及した。

2人は同い年でともに1995年にジャニーズ事務所に入り、滝沢が半年先輩だがほぼ同期。にも関わらず、約13年間バラエティでの共演はなく、一部のファンの間で不仲説がささやかれていた。そんな2人が今回、東京・恵比寿でサシ飲みロケを敢行し、本音を打ち明けた。

その中で、2人の後輩である風間俊介と生田斗真が手紙を通じて、2人の関係性について証言。風間は「2人が談笑している景色が記憶にありません。当時滝沢君は多くの後輩と行動を共にする兄貴的存在。対して翔君は、同世代のジュニアと仲良くしていて、あまり面識がない後輩のジュニアと話さない"一見さんお断り"スタイルだった」とし、生田は「ジュニアのリーダーだった滝沢君はプロ意識が高くみんなのお兄さん。櫻井君は最も部活の延長感を出していて、へそピアスとカラコンジャージ姿でレッスンに来て大人たちをにらみつけていた。仲がいいいわけがないでしょ!」と断言した。

櫻井は、「みんなと同じような感じがつまんねーみたいな感じだった。その時だよ、一番距離があってほとんどつながりがないのは」と振り返り、「ファンの人が『仲悪いんじゃないか』って思っていたのは理解できる」とコメント。「たまたまグループが違うから話さなかった、じゃなくて、俺はタッキーのことを斜めに見ていた。(自分から)離れていったと思う」と話し、「反省というか謝りたいなと思っていて」と胸に秘めてた思いを明かした。

続けて、「例えば、『8時だJ』やるときもヒロミさんと肩並べて番組を進行する滝沢君。それで距離ができていったんじゃないかな。これって戦う…努力する意味あるのかなって思っちゃった」と告白。「なるべく後ろの端っこの方にいて、なんだかなって思いながら見てたんだと思う。大変さを知らないで」と当時の心境を明かし、「だから正直、ずっと後ろめたさみたいのはあった。大変さが大人になってわかるからこそ。あのとき大変さも知らずに変な感じになっちゃってたというのがあった」と語った。

すると滝沢は「それは俺も勘付いてたかもしれない」と言い、「あの時期はみんなが敵に見えちゃってた」と告白。「ジュニアもそうだし、ファンの人とかも、俺が行くとこ行くとこ敵だらけみたいな。ほかのファンの方からすればおもしろくない…『滝沢ばっかり』って。だからしんどかったよ、当時は」と打ち明け、「今考えればそれも楽しい時間だなって思えるけどね」と笑った。

VTR後にスタジオで2人は、有吉弘行に促される形でハグ。「これからもよろしく」と言って抱き合うと、拍手が起こった。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事