ASJ、財務業務をクラウド上で支援する新プロダクト「A-SaaSコネクト」

アカウンティング・サース・ジャパン(ASJ)は7月14日、同社の税理士向けのクラウド税務・会計・給与システム「A-SaaS(エーサース)」を利用する税理士と契約する中小企業や個人事業者向けに、会計帳簿への記帳や財務状況の確認、納税、資金調達といった一連の財務業務をクラウド上で支援する新プロダクト「A-SaaSコネクト(エーサースコネクト)」を8月13日より提供開始すると発表した。

A-SaaSコネクトでは、中小企業や個人事業者に「経営状況の可視化」「資金調達支援」「記帳の自動化」「税務申告・納税」の4つの機能を提供する。

A-SaaSコネクトの提供する機能

「経営状況の可視化」では、「A-SaaS」に蓄積されている自社の財務データから経営課題解決に役立つ情報を導出し、それをわかりやすい形式に提示することで、中小事業者の経営者の意思決定をサポートする。なお、この機能は2016年冬頃のリリースを予定している。

「経営状況の可視化」

「資金調達支援」では、 「A-SaaS」に蓄積されている財務データを利用者の同意のもと金融機関にオンラインで連携することで、ビジネスローンやトランザクションレンディングといった融資サービスをオンラインでスピーディに受けられるサービスを金融機関と共同開発し、提供するという。 金融機関は、「A-SaaS」とオンラインで連携することで、税理士によるチェックを受けた信頼性の高いデータを活用することが可能となるという。この機能は2017年中の提供を想定している。

「資金調達支援」

「記帳の自動化」では、8月13日より、マネーツリーの「MT LINK」とのサービス連携を開始し、銀行口座明細やクレジットカード等の取引データの自動取得を開始する。取り込んだ取引データは自動的に仕訳形式に変換され、会計帳簿に記帳することが可能となる。 今後はさらに、請求書管理システム、POSレジシステムなど関連システムとの連携を進めていくという。

取引データの自動取得画面

「税務申告・納税」では、「A-SaaS」で税の電子申告を行った後、納税手続きをオンラインで済ますことができるサービスを金融機関と共同で開発し、提供する。この機能は2017年中の提供を想定している。

取引データの自動取得画面

松尾繁樹公認会計士・税理士事務所 所長 松尾繁樹氏

A-SaaSコネクトの予定価格(税別)は個人事業主プランが月額980円、法人プランが月額1,980円だが、7月14日から8月12日までに申し込むと、10月末(予定)まで「A-SaaSコネクト」を無料で利用できる。

料金の支払いは、税理士と契約する企業が払うケースと、記帳自動化のメリットを受ける税理士側が払うケースの両方を想定しているという。

テスト導入した松尾繁樹公認会計士・税理士事務所 所長 松尾繁樹氏は、「税理士側が支払っても、それ以上の効率化が図られるため、契約するメリットは十分にある」と語る。

アカウンティング・サース・ジャパン 代表取締役社長CEO 佐野徹朗氏

アカウンティング・サース・ジャパンは、A-SaaS内に蓄積されたデータをビッグデータとして活用した経営分析サービスや、金融機関と連携した資金調達プラットフォームを構築することを目指しており、今回のサービスの提供はその流れに沿ったもの。

アカウンティング・サース・ジャパン 代表取締役社長CEO 佐野徹朗氏は、「中小企業のために日本全国の経営資源をA-SaaSから提供することを目指す」と語った。

<お知らせ>
ITソリューション検討Information

マイナビニュースのIT Search+では、ITソリューションの検討に役立つ情報を掲載しています。
ここでは、IT Search+の人気記事ベスト3をご紹介。ぜひ、ビジネスにお役立てください。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事