KDDI、海水中で使えるタフネススマホ「TORQUE G02」のブルーを7月1日に発売

KDDI、沖縄セルラーは、4.7インチのAndroidスマートフォン「TORQUE G02」(京セラ製)の新色ブルーを7月1日に発売する。端末価格は税込51,840円。

TORQUE G02

TORQUE G02は、2015年7月に発売されたAndroidスマートフォン。これまで、グリーン、レッド、ブラックの3色を展開していたが、新たにブルーを追加する。

海水の中でも使用できる防水性能を備えており、水中を検知すると自動で水中モードに切り替わる。水中では色味やゆがみを最適化した写真を撮影可能だ。

堅牢性の高さも特徴で、耐久性能は米国国防総省が定める試験MIL-STD-810G(19項目)に京セラの独自試験(2項目)を加えた21項目に準拠。耐海水(独自試験)のほか、防水(風雨、浸漬、雨滴)、防塵、耐衝撃(落下/衝撃)、耐振動、耐日射、防湿、温度耐久(高温動作/高温保管、低温動作/低温保管、温度衝撃)、低圧対応(動作/保管)、塩水耐久、耐氷結(凍結-融解/氷結)、耐荷重(独自試験)に対応している。

今回のブルーモデルから、天気、コンパス、気圧計、歩数計などアウトドアに役立つ情報を表示するポータルアプリ「OUTDOORS PORTAL」や、釣った魚を撮影することで日付や天候などを記録できるオリジナル釣果ログアプリ「FishingLog~釣れてる?~」を追加搭載している。

主な仕様は、過去記事を参照いただきたい。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事