画面ロック型は減少するも暗号化型が増加でランサムウェア230万超 - Kaspersky Lab

ここ数年世界中で猛威を振るうランサムウェアだが、2014年からランサムウェアの状況を調査しているKaspersky Labが、2016年3月までの2年間(2014年度:2014年4月から2015年3月 / 2015年度:2015年4月から2016年3月)の調査結果を纏めている。

2015年の4月から2016年の3月までの期間にランサムウェアの攻撃に遭遇したユーザー数は同社のKaspersky Security Networks(KSN)の統計で2,315,931人で、前年度の1,967,784人から17.7%と大きく増加している。

ユーザーのコンピュータの自由を奪い、その解除と金銭の引き替え(身代金)を目論むランサムウェアだが、画面をロックする旧来の「画面ロック型ランサムウェア」とハードディスクのデータを暗号化してしまう「暗号化型ランサムウェア」の2種類がある。検知総数では旧来の「画面ロック型ランサムウェア」が上回っているものの、「暗号化型ランサムウェア」が2014年度の131,111人から、718,536人へと5.5倍と急増している。一方、画面ロック型ランサムウェアは、2014年度の1,836,673人から13.03%減の1,597,395人と減少傾向にある。

カスペルスキーでは、重要なデータとの引き替えに身代金を要求するこのランサムウェアに対しては、企業、個人問わずに定期的な重要データのバックアップが身代金支払いという最悪の自体を回避するため、これを推奨している。

また、企業向けのセキュリティ製品に搭載されている機能を無効にしないこと、定期的にパッチをあて最新の状態を保つこと、従業員にセキュリティ教育を行うことをアドバイスしており、万が一ランサムウェアの攻撃に遭遇した場合は、速やかに警察に通報するようにと述べている。

<お知らせ>
ITソリューション検討Information

マイナビニュースのIT Search+では、ITソリューションの検討に役立つ情報を掲載しています。
ここでは、IT Search+の人気記事ベスト3をご紹介。ぜひ、ビジネスにお役立てください。



転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事