KDDI、バットマンモチーフの「Galaxy」7月4日予約開始 - 限定100台で14万円

KDDIは、背面にバットマンロゴをあしらった、特別モデルのAndroidスマートフォン「Galaxy S7 edge Injustice Edition」の予約受付を7月4日12時より開始する。限定100台の販売で端末価格(税込、以下同)は143,640円。

Galaxy S7 edge Injustice Edition

Galaxy S7 edge Injustice Editionは、発売中のAndroidスマートフォン「Galaxy S7 edge SCV33」の特別モデル。DCコミックスのヒーローとヴィランが登場するゲーム「Injustice: Gods Among Us(インジャスティス 神々の激突)」がモチーフになっている。100台限定の発売となり、背面には1~100までのシリアルナンバーが刻印される。

デザイン面では、DCコミックスのキャラクターバットマンの世界観を踏襲し、背面にバットマンロゴがあしらわれているほか、特別な壁紙やアイコンなどのテーマがプリインストールされている。また、パッケージには限定カラーのヘッドマウントディスプレイ「Gear VR Black Edition」、「Injustice Edition スペシャルカバー」、ゲームを体験できる100ドル相当の「Injustice ゲームバウチャー」などが同梱されている。

なお、端末のハードウェアスペックはGalaxy S7 edge SCV33と同等。

端末価格は前述の通り143,640円だが、毎月割適用時の実質負担額は、新規契約/機種変更/MNPともに、4,239円×24回で総額101,736円。また、「auスマートパス」に加入した場合は、毎月割の割引額がアップし3,915円×24回の総額93,960円が実質負担額となる。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事