勤務医4割が「有給休暇はほとんど取れていない」と回答 – なぜ?

 

メドピアはこのほど、医師の「有給休暇取得」に関するアンケートの結果を発表した。調査は5月25日~31日、同社が運営する医師専用コミュニティサイト「MedPeer」の会員医師を対象に行われ、3,370名の有効回答を得た。

「有給休暇はどのくらい取得できていますか?」

「有給休暇はどのくらい取得できていますか?」と質問したところ、断トツで「ほとんど取れていない(39.6%)」が最多回答となった。

取得できない理由について尋ねたところ、「学会参加のための休みが有給として消化されるぐらいです。個人としての休みは年に1,2日です」(50代/放射線科/男性)、「人がいないので。そして、お産はいつくるか分からないので」(30代/産婦人科/女性)、「上司を含め、周りの医師が有給を取らず、取れないでいる。強制的に有給を取得させる制度が必要だと思う」(30代/消化器外科/男性)といったコメントが寄せられ、多くの勤務医が「多忙」「人手不足」「取りづらい」といった環境にあることがうかがえた。

次いで多かったのは「2~3割程度は取れている(16.5%)」や「1割程度は取れている(14.4%)」で、合わせて約3割を占めた。特に、「学会と夏休みに使っている」という声が多かったほか、「子供の病気やイベント」「当直明け」「半日や数時間ずつ」取っているという医師も見受けられた。

一方、「5割以上取得している」勤務医からは、「勤務先が変わって取りやすくなった」「夏休みを有給扱いにして消化している」「権利なので取るようにしている」という声が多く挙がったほか、「ほぼ100%取得し、部下にも強く推奨している」「連携体制がうまくいっておりほとんど消化している」など、全有給を取得できている人もいた。

転職ノウハウ

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事