米Intel、"Knights Landing"こと最大72コアの次世代「Xeon Phi」

米Intelは20日(現地時間)、ドイツのフランクフルトで開催しているスーパーコンピュータ関連の国際会議「ISC(International Supercomputer Conference)2016」に合わせて、"Knights Landing"の開発コード名で知られる次世代「Xeon Phi」を発表した。2016年9月に登場し、CRAYやDELL、富士通、HP、Lenovo、NECなどのベンダから搭載システムが投入されるという。

次世代「Xeon Phi」

"Knights Landing"は、これまでのISCや半導体関連の学会である「Hot Chips」などで、すでに詳細が明かされていたプロセッサ。前世代「Xeon Phi」である"Knights Corner"(開発コード名)はコプロセッサだったが、"Knights Landing"ではブート可能なx86プロセッサとして設計されている。

単体で可能なプロセッサであることに加えて、メモリとFabricを統合する

コア数は最大で72基。また、16GBのメモリを内蔵。490MB/sという広帯域幅を実現するほか、チップ間のインターコネクト「Omni-Path」向けのFabricチップを統合することもできる。Intelによると幅広いワークロードに対応し、シミュレーションやデータ解析、ビジュアライゼーションはもとより、機械学習についてもGPU搭載システムよりも高いパフォーマンスをは実現するとしている。

ライフサイエンスをはじめとした科学技術計算やデータ解析で、GPUよりも高速に処理できるという

特に機械学習では、トレーニングの時間を短縮できるほか、効率的なスケーリングを可能とするという。また、推論についてもIntel MKLといたIntel CPUに最適化されたライブラリを使うことで、50倍の性能向上が見込めるという。

GPU搭載システムと比べて、トレーニング時間を短縮できるほか、効率的にスケーリングできるとしている。また推論についてもIntel MKLを使うことでOpenBlasといったライブラリよりも高速に処理できるという

SKUは「Xeon Phi 7290」「Xeon Phi 7290」「Xeon Phi 7230」「Xeon Phi 7210」の4モデルで、コア数や動作クロック、TDPが異なる。

製品名 コア数 動作クロック 統合メモリ 対応メモリ TDP 価格
Xeon Phi 7290 72 1.5GHz 16GB(7.2GT/s) 384GB
(DDR4-2400)
245W 6,254ドル
Xeon Phi 7250 68 1.4GHz 16GB(7.2GT/s) 384GB
(DDR4-2400)
215W 4,876ドル
Xeon Phi 7230 64 1.3GHz 16GB(7.2GT/s) 384GB
(DDR4-2400)
215W 3,710ドル
Xeon Phi 7210 64 1.3GHz 16GB(6.4GT/s) 384GB
(DDR4-2133)
215W 2,438ドル
Fabricを統合した場合、TDPは15W、価格は278ドルプラスされる

Fabricを統合しないバージョンもそろえる

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事