日本ハムが新球場建設!? 改めて振り返りたいプロ野球12球団の球場アクセス事情


      週刊野球太郎
    


 先日の報道で、日本ハムが新球場の建設を検討していることが明らかとなった。新球場は2024年の開場を目指して、札幌市内やその周辺都市など15~20ヶ所の調査を進めている。

 新球場がどこになるかは今後のお楽しみだが、気になるのはその立地とアクセス。参考までに、現在の各球団の本拠球場までのアクセスを振り返ってみよう。


◎各球団の本拠地球場までの主な電車でのアクセス

■札幌ドーム
・地下鉄東豊線「福住駅」 徒歩10分

■楽天Koboスタジアム宮城
・JR仙石線「宮城野原駅」 徒歩5分

■QVCマリンフィールド
・JR京葉線「海浜幕張駅」 徒歩15分

■東京ドーム
・JR中央総武線・都営三田線「水道橋駅」、東京メトロ丸ノ内線・南北線「後楽園駅」 徒歩5分

■明治神宮野球場
・東京メトロ銀座線「外苑前駅」 徒歩5分

■横浜スタジアム
・JR根岸線「関内駅」 徒歩2分、みなとみらい線「日本大通り駅」 徒歩3分

■西武プリンスドーム
・西武狭山線・山口線(レオライナー)「西武球場前駅」 下車すぐ

■ナゴヤドーム
・地下鉄ゆとりーとライン「ナゴヤドーム前矢田駅」 徒歩5分

■阪神甲子園球場
・阪神本線「甲子園駅」 徒歩3分

■京セラドーム大阪
・阪神なんば線「ドーム前駅」、地下鉄「ドーム前千代崎駅」 下車すぐ

■マツダZoom-Zoomスタジアム広島
・JR「広島駅」 徒歩10分

■福岡ヤフオク!ドーム
・市営地下鉄「唐人町駅」 徒歩12分


◎やはり差が出るアクセスの「勝ち組・負け組」

 東京ドームは後楽園球場時代と比べると、水道橋駅から若干遠くなったが、その分地下鉄から近くなったため、やはり相変わらずの好立地。横浜スタジアムと並んで好アクセスの殿堂入りと言っていいだろう。

 駅前という点では、西武プリンスドームも西武球場前駅から直結しているが、西武線沿線以外からの電車アクセスに少々難がある。そして、12球団の中で最も駅からのアクセスが悪いのがQVCマリンフィールド。駅から球場までの見通しは良いものの、実は距離があってなかなか着かないジレンマ。大半の人が駅からバスを利用している。


◎アクセスが悪すぎて本拠を移転? サッカーJリーグの事例

 ちなみにサッカーでは、Jリーグのジェフユナイテッドが、市原緑地運動公園臨海競技場(千葉県市原市)からフクダ電子アリーナ(同千葉市)へと本拠を移した。市原臨海はスタジアムのハード面も問題があったが、最寄駅から徒歩30分というアクセスの悪さが際立っていた。

これに比べると、プロ野球はどの球場も総体的にアクセスは悪くない。それでも、「少しでも便利に」というのがファンの本音だろう。


文=サトウタカシ (さとう・たかし)


本記事は「週刊野球太郎」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事