指原史上初の連覇、こじはる卒業、3位に珠理奈 - "第1党"は2年ぶりAKB48

AKB48の45枚目のシングルの選抜メンバーを決める「第8回AKB48選抜総選挙」の開票イベントが18日、新潟・ハードオフエコスタジアム新潟で行われ、HKT48の指原莉乃が史上初の連覇を達成。続く2位はAKB48の渡辺麻友、3位はSKE48の松井珠理奈となった。また、AKB48が上位80位内に28人ランクインし、第1党の座をSKE48から奪い返した。

史上初の連覇を達成したHKT48・指原莉乃(右)と2位のAKB48・渡辺麻友

速報では、渡辺がわずかにリードしていたが、最終的には指原が総選挙史上最多票数となる24万3,011票を獲得。17万5613票を得た2位の渡辺に大差をつけた。前田敦子や大島優子も達成できなかった連覇を成し遂げ、自身3度目の栄冠を獲得した指原は、総選挙1位のメンバーしか座ることの許されない椅子に座り、「最高です! ありがとー!」という絶叫が会場に響き渡った。

2位の渡辺は、「わー、惜しい!」と悔しさをにじませながらも、ファンに感謝。後輩に向けても「今という一瞬を悔いのないように日々歩んでいってほしい」と語りかけた。名古屋勢として初のベスト3入りを果たしたSKE48の松井珠理奈は、「来年こそは名古屋に1位を」と誓い、「あと5年は卒業しませーん!」という宣言も。第4位となったNGT48の山本彩は「みなさんはアモーレです」と関西人らしく笑いをとって感謝のあいさつを締めくくった。

昨年2位だった柏木由紀は5位。総監督として初めて総選挙に挑んだ横山由依は、昨年より1つ順位を落とすも速報の26位から大幅ジャンプアップの11位に。総監督の重責と戦ってきた苦悩を涙で声を詰まらせながら語り、最後には「これからも48グループをよろしくお願いします」と総監督として呼びかけた。

13位には「翼はいらない」でセンターを務めた向井地美音がランクインし、初の選抜入り。「センターを1度きりで終わらすつもりはありません」と力強く宣言した。また、"にゃんにゃん仮面"として参加した小嶋は、スピーチで仮面を外し、「私、小嶋陽菜は、AKB48を...やっと卒業します!」と卒業を発表した。

80位以内の各グループメンバーの議席数は、AKB48が28人、SKE48が20人、NMB48が11人、HKT48が19人、NGT48が2人(兼任メンバーは本所属のグループで算出)。AKB48は5人増、昨年第1党だったSKE48は6人減となり、AKBが第1党に。HKT48は4人増、NMB48は3人減、NGTは1人増となった。

1位 指原莉乃
(HKT48)

2位 渡辺麻友
(AKB48)

3位 松井珠理奈
(SKE48)

4位 山本彩
(NMB48)

5位 柏木由紀
(AKB48/NGT48)

6位 宮脇咲良(HKT48/AKB48)

7位 須田亜香里
(SKE48)

8位 島崎遥香
(AKB48)

9位 兒玉遥
(HKT48/AKB48)

10位 武藤十夢
(AKB48)

11位 横山由依
(AKB48)

12位 北原里英
(NGT48)

13位 向井地美音
(AKB48)

14位 岡田奈々
(AKB48)

15位 高橋朱里
(AKB48)

16位 にゃんにゃん仮面(小嶋陽菜)
(AKB48)

(C)AKS

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事