京成電鉄、アクセス特急を夏休み期間中に増発 - 成田空港の利便性向上図る

京成電鉄は7月16日から8月31日まで、成田空港駅発着のアクセス特急(成田スカイアクセス経由)の臨時列車を早朝と深夜に運転する。早朝に成田空港行、深夜に成田空港発を各1本運転し、夏休みの時期における成田空港アクセスの利便性向上を図る。

アクセス特急に使用される京成電鉄3050形。夏休みに成田空港駅発着の臨時列車が増発される

同様のアクセス特急は昨年の夏休みの時期と今年のゴールデンウィーク期間中にも運行された。今夏も前回と同じく、早朝は京成上野駅を5時18分に出発し、通常の京成上野~成田空港間の始発列車より23分早い6時14分に成田空港駅に到着する。

深夜は通常のアクセス特急の最終列車より19分遅い23時8分に成田空港駅を発車する列車を運行。この列車は京成高砂駅止まりだが、同駅で京成上野行の普通列車に接続する。京成高砂駅で乗り換えた普通列車から、次の青砥駅で西馬込行の最終列車(普通)へ乗り換えることも可能だ。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事