OKI、インフラ点検レポートサービスを提供―第一弾はトンネル点検を対象

沖電気工業(OKI)は5月31日、インフラ構造物の「点検現場のデータ収集」から「事務所における点検記録の作成」まで、点検記録作業全体の効率化を支援するクラウドサービス「インフラ点検レポートサービス」の提供を6月1日より開始することを発表した。同サービスの第一弾は、トンネル点検業務を対象としたサービスとなる。

「インフラ点検レポートサービス」イメージ図

「インフラ点検レポートサービス」は、現場で点検実施時にタブレット端末から点検内容のデータを入力し、クラウドセンターへアップロードするサービスで、事務所では、クラウドセンターから国土交通省の定める形式で取得したデータをもとに報告用レポート作成が行える。

これにより、人手による転記作業を軽減、作業時間を短縮するなど効率的に点検結果を取りまとめることが可能だとしている。

今回、OKIは、大日本コンサルタントと協働し、従来の点検業務フローに沿った形で利用できるシステムを構築した。

同サービスを利用することで、従来業務を大きく変えることなく、熟練工による点検データを迅速に収集することが可能なほか、点検を実施した熟練工でなくても帳票の形式での結果取りまとめを円滑に行うことができる。

価格(税別)は、1トンネルあたり15万円からとなっている。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事