グレープシティ、開発技術を結集しセルフサービスBI市場にDragonFly BI参入

グレープシティは5月26日、業務システム開発用ツール事業を通して培ってきたスプレッドシート、レポート、チャート作成の技術を結集し、セルフサービスBIツール「DragonFly BI(ドラゴンフライ ビーアイ)」を新規事業製品として開発した。6月29日より日本市場で先行発売し、今後中国をはじめとした各国での販売を順次進めていくと発表した。

「DragonFly BI」

DragonFly BIは、「クラウドサービス型」「データ接続やデータセットを共有可能」「Excelライクなスプレッドシートによる編集機能」を備えているBIツール。この3つの特長が、既存のBIツールの多くの課題を解決する。

一番の特長は、よく使われる機能に絞り、使いやすくシンプルに仕上げたこと。データの集計や分析に特別なスキルは必要なく、直感的な操作で使いこなすことができるため、現場の社員から経営者までのあらゆる人が業務に関連するデータを自ら分析できるようになる。

また、完全クラウドサービス型BIツールとなっているため、すべての機能をWebブラウザからのログインで利用でき、最新バージョンのアップグレードも自動。専用サーバの構築やインストールの必要がないため、導入コストもメンテナンスなどの運用コストも最小限で済む。企業専用サイトの開設を行うだけで、アカウントを持つユーザーはあらゆるデバイスからDragonFly BIクラウドサイトにアクセス可能。

「DragonFly BI」

同社のSPREAD技術を、DragonFlyのスプレッドシート機能として採用。ExcelライクなDragonFlyのスプレッドシートでは、表計算、テーブル作成、条件付き書式、Excel関数、ピポットテーブルなどExcelで利用頻度の多い機能のほとんどが利用可能。BIツールのデータをダウンロードしてExcelで行っていたような、計画修正、未反映データの補填、データ予測をDragonFly BIのスプレッドシートで行えるため、BIツール上に集約したデータの再分散を防止。接続先の重要データを上書きすることなくDragonFly上でデータの追加や編集が行えるため、安心してさまざまなシミュレーションを行うことができる。

「DragonFly BI」のExcelライクなスプレッドシートによる編集機能

発売開始後は、直接販売だけではなくパートナーによる販売も強化。日本のビジネスシーンそして世界中のビジネスシーンで同製品を活用できるよう、クラウドサービスの利を活かし機能改善を続けるとともに世界中へと販売エリアの拡大を進めていくという。

<お知らせ>
ITソリューション検討Information

マイナビニュースのIT Search+では、ITソリューションの検討に役立つ情報を掲載しています。
ここでは、IT Search+の人気記事ベスト3をご紹介。ぜひ、ビジネスにお役立てください。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事