Facebook、セキュリティ向上のためCTFキットをオープンソース化

5月11日(現地時間)、Facebookはセキュリティ分野におけるCTF(キャプチャー・ザ・フラッグ)を実施するためのプラットフォームおよびコンポーネントをオープンソース化し、GitHubに公開したことを、自社のサイト内で発表した。ライセンスはクリエイティブ・コモンズ 4.0 Attribution(帰属)およびNoncommercial(非商用)。OSはUbuntu 14.04を指定している。

FBCTF(FaceBook Capture The Flag)の実行画面(公式サイトより引用)

Facebookは大学生レベルのCTF大会を2013年から開始し、コンピューターサイエンスおよびセキュリティ向上のため、学生を支援してきた。しかし、CTF実行環境は技術的かつ資金的にも高コスト化する傾向があり、学生はもちろん学校や非営利団体はそのようなリソースを用意することが難しい。そこで同社は中高生レベルのセキュリティ教育に貢献するため、CTFを実行するためのバックエンドやゲームマップ、チーム登録やスコアリングシステムをオープンソース化したと、同社threat infrastructureチームのソフトウェアエンジニアを務めるGulshan Singh氏は説明している。

阿久津良和(Cactus)

<お知らせ>
ITソリューション検討Information

マイナビニュースのIT Search+では、ITソリューションの検討に役立つ情報を掲載しています。
ここでは、IT Search+の人気記事ベスト3をご紹介。ぜひ、ビジネスにお役立てください。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事