日産、三菱自動車の発行済み株式34%を取得 - 戦略的アライアンスを締結

日産自動車は5月12日、三菱自動車工業と幅広い戦略的アライアンスに関する覚書を締結し、三菱自動車の発行済み株式34%を、日産が2370億円で取得する予定であることを明らかにした。

今回の戦略的アライアンスはこれまで続けてきたパートナーシップをさらに発展させるもので、今回の株式取得で日産が三菱自動車の筆頭株主となる。また両社は、購買、車両プラットフォームの共用、新技術の開発分担、生産拠点の共用、ならびに成長市場を含むさまざまな面でも協力していくことにも合意。これを受けて日産の社長兼最高経営責任者(CEO)であるカルロス・ゴーン氏は、「三菱自動車のブランドと歴史を尊重し、大きな成長の可能性の実現をサポートしていく」と、同社の支援を行い、アライアンス・ファミリーの新たな一員として歓迎する旨をコメントしている。

なお、実際の株式の取得は、株主である三菱重工業や三菱商事、三菱東京UFJ銀行などの三菱グループと株主間契約を結び、規制当局の承認を経て、2016年5月末をめどにアライアンスの正式契約を締結し、2016年末までにすべての手続きを完了させる予定だという。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事