アパホテル社長が人工知能ボットに - フロント業務デモをSlush Asiaで披露

人工知能テクノロジーを用いた対話システムの開発を手掛けるNextremerは、5月13日~14日に幕張メッセにおいて開催されるスタートアップイベント「Slush Asia 2016」にて、アパホテルの元谷芙美子社長を模した人工知能ボットによるホテルフロント対応のデモンストレーションを公開することを発表した。

アパホテルの元谷社長がフロント業務を行うボットに

このたび同社が公開する人工知能ボット(人間に代わって自動的に実行するプログラム)は、「アパホテル」の元谷芙美子社長がモデルとなっており、人工知能対話システムによってホテルのフロント業務のデモンストレーションが披露されるという。

また、今回のデモンストレーションで使用するシステム「MINARAI」は、ホテルフロント受付システムのコンセプトプロトタイプ。 "人工知能OJT"をコンセプトとした同システムの最大の特徴は「人工知能と人との協業」がフローに組み込まれていること。来客と人工知能との会話が破たんした際は、人間のオペレーターにバトンタッチしてその後の対応を引き継ぐだけでなく、その会話パターンを人工知能が学習する事でより高度な対話を実現できるようになるという。現状は日本語と英語に対応しているが、他のさまざまな言語にも対応可能だとしている。

「MINARAI」のシステムフロー図

なお、同デモンストレーションが披露される「Slush Asia」とは、毎年11月にヘルシンキで開催される大規模スタートアップイベント「Slush」のアジア版。 日本での開催は今年で2回目となり、著名な起業家や投資家、ジャーナリスト、学生ボランティアが国内外から集まり、スタートアップの土壌を育むテックコミュニティとなっている。開催日は5月13日~14日。会場は千葉県・幕張メッセ。イベントの詳細や登壇者の紹介、チケット購入などは、Slush Asia 2016公式サイトへ。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事