泉谷、"あざとい"批判のオリラジ中田に苦言「余計な事」「同業者守るべき」

歌手の泉谷しげる(67)が、8日に放送されたフジテレビ系トーク番組『ワイドナショー』(毎週日曜10:00~10:55)にゲスト出演し、お笑いコンビ・オリエンタルラジオの中田敦彦(33)がベッキー(32)を「あざとい」と批判したことについて、苦言を呈した。

歌手の泉谷しげる

中田はTBS系情報番組『白熱ライブ ビビット』で、ベッキーが週刊誌『週刊文春』に直筆の手紙を送ったことを「あざとく感じる」と批判。その発言を受け、中田の先輩にあたるお笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之(46)がフジテレビ系情報番組『バイキング』で「臆測でそんなひどいことをよく言うなぁ」と反発したことから、ネット上などで話題になっていた。

番組内でこの話題が取り上げられると、泉谷は「こういうことを言うと話が終わっちゃうかもしれないけど」と前置きし、「とりあえず、タレントは同業者をフォローできないようなことは言うべきじゃないのかな」と意見。

さらに、「なるべく救ってあげたいという気持ちがあるわけだよ。やっぱり、同業者は同業者が守らないと」と主張。中田と親交が深いという泉谷は、コメンテーターという立場の仕事に理解を示しながらも、「(中田は)ちょっと余計なことを言っているのかなという気がする」「やっぱり守ってあげる側に立たないと。仁義から外れるのでは」と同業者の先輩としてアドバイスを送っていた。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事