zionote、32bit/384kHzのハイレゾ再生に対応するUSB DAC

zionoteは25日、Styleaudio製のハイレゾ対応USB DAC「CARAT-RUBY3」を発表した。5月2日より発売する。価格は49,800円(税込)。

CARAT-RUBY3

DACに「ES9018K2M」を採用するヘッドフォンアンプ内蔵のUSB DAC。127dBのダイナミックレンジ、-120dBのTHD+N(全高調波歪み率+雑音)仕様により、32Bit/384kHzのDXD(Digital eXtreme Definition)ハイレゾ再生に対応。64(2.8MHz)および128(5.6MHz)のDSD再生もサポートする。オペアンプは「TI OPA134」を左右に3基ずつ搭載。

本体は精密加工のフルアルミケースを採用。オリジナルデザインのアルミ切削ノブを搭載し、二重材構造のオリジナルカスタム黄銅スパイクや24K金メッキPCB基板などを使用している。コンポーネント類には、Panasonic、Samyoung、SilverMica、Vishay Dale、Toshiba、Alpsなど、実績を積み重ねてきたものを多く用いた。

音声入力インタフェースはUSB×1、光デジタル×1。USB入力は32Bit/384kHzに、光入力は24Bit/192kHzに対応。音声出力インタフェースは、アナログ出力がイヤフォン&ヘッドフォン(5.5mm)、ライン出力がRCA。出力レベルは2.0Vrms、ヘッドフォンインピーダンスは24~600Ω、周波数応答は20~20,000kHz、S/N比は110dB。本体サイズはW75×D131×H35mm、重量は298g。対応OSはWindows 7以降、Mac OS X 10.6以降。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事