EMC、ニフティとCloud Service Provider パートナープログラム締結を発表

EMCジャパンは4月25日、ニフティと「EMCビジネスパートナープログラム for Cloud Service Provider(CSPプログラム)」の契約を締結した。

CSPプログラムはシステムインテグレーター、通信事業者、クラウドサービス事業者などを対象にEMCが持つテクノロジー、マーケティング、営業リソースなどを提供し、ビジネス開発からサービス構築、営業活動まで、さまざまな形で支援するパートナープログラム。

2012年より展開し、ニフティは10社目のパートナーとなる。 同社は国内有数のインターネットサービスプロバイダーとして培った抱負な技術力を結集し、ネットワークレスポンスやCPU性能が高いクラウドサービスを提供している。

今回のパートナー契約により、両社はEMCのストレージ技術を採用したニフティのクラウドサービスにおける技術開発、マーケティング、営業活動などで協業。EMCは技術面でニフティのクラウドサービスを支えるだけでなく、Go to market戦略においても共同で実施する。

具体的には「EMCジャパンが提供する信頼性の高いストレージ技術を採用したクラウドサービスの提供」「両社の新規のお客様に対してニフティクラウドの営業活動およびマーケティング活動の実施」を推進していく。

EMCジャパンは、クラウドサービスプロバイダーのクラウドサービスを技術的に支え、拡販支援することでクラウド市場へのリーチを拡大していく方針だ。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事