福士蒼汰&本田翼『恋仲』がコミック化! コマ割り・表情まで充実に再現

昨年夏に放送された福士蒼汰主演のフジテレビ系月9ドラマ『恋仲』がコミック化され、25日、フジテレビオンデマンド(FOD)で配信を開始した。

コミック版『恋仲』表紙

ドラマ『恋仲』は、福士演じる三浦葵が、本田翼演じる芹沢あかりと運命の再会を果たし、さまざまな障害に七転び八起きしながら、本当の恋をつかんでいく姿を描く、月9王道の純愛ラブストーリー。胸キュンな展開が若い世代を中心に支持を受け、マイナビティーンズ「ティーンが選ぶトレンドランキング2015」の"コト"部門でも1位となった。

今回のコミック版は、ドラマの脚本そのままのストーリー構成となっており、実際放送されたドラマの映像を参考に、コマ割からアングル、キャラクターの表情まで忠実に再現。作画は、配信日に20万ダウンロードを記録したLINEオリジナルマンガ『微笑女Mitsu』作者の玉樹庵が担当した。

ドラマ『恋仲』のフジテレビ藤野良太プロデューサーは「ドラマが原作となってコミックが制作されるという手法がとても面白いと思います。ドラマとは違った形で、『恋仲』を楽しんでいただけたら幸いです」とコメントを寄せている。

FODでは、『痛快TVスカッとジャパン』(毎週月曜20:00~20:54)の人気コーナー「胸キュンスカッと」のコミック版も配信しており、今後もフジテレビのオリジナルドラマなどをコミック化の上提供していく予定だ。

コミック版『恋仲』より

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事