コーヒーマシンもIoT - ネスプレッソ、スマホとつながるコーヒーメーカー

ネスレネスプレッソは4月15日、Bluetooth搭載のコーヒーメーカー「Prodigio」(以下、プロディジオ)を発売した。シルバーとチタンの2色があり、希望小売価格(税別)は、標準装備モデルが23,000円、ミルク加熱泡だて器「エアロチーノ3」バンドルセットが29,500円だ。

Prodigio

プロディジオはカプセル式のコーヒーメーカー。Bluetooth 4.0を搭載し、専用アプリを介してさまざまな連動機能を利用できる。専用アプリの対応OSは、iOS 8.1以降、Android 5.0.1以降だ。発売時点での対応機種は、iPhone 4S以降、iPad(第3世代以降)、Samsung Galaxy S4以降となっている。

シルバー

チタン

アプリで可能な機能は大きく3つ。ひとつは離れた場所からコーヒー抽出を実行したり、抽出時間を予約したりする「リモート機能」。ふたつめがコーヒーカプセルの残り数量を管理する機能。残数が少ない場合は、アプリから直接カプセルの注文もできる。最後に、水タンクの残量が少なかったり、コンテナが満杯だったりと、メンテナンスが必要な場合にお知らせをする「アラート機能」だ。

本体サイズは、水タンクを後ろに置いた場合に約W12.5×D38×H25.5cm、水タンクを横に置いた場合は約W21×D29×H25.5cm。重量は約2.9kg。電源を入れてから抽出までに必要な抽出準備時間は約25秒。定格消費電力は1,200Wで、水タンク容量が0.7L、使用済みカプセル回収コンテナ容量が最大9個。

水タンクを横に置いた状態

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事