公立学校共済、メールセキュリティ強化とBCP対策に「CYBERMAILΣ」を採用

サイバーソリューションズは4月12日、公立学校共済組合において同社のクラウド型メールサービス「CYBERMAILΣ(サイバーメールシグマ)」が採用されたと発表した。

クラウド型メールサービス「CYBERMAILΣ」利用イメージ

公立学校共済組合では、日本年金機構の情報流出事案を契機に情報管理の強化を目的に業務用ネットワークと外部(インターネット)接続用ネットワークを分離し、メールシステムの再構築の検討を行っていた。

また、メールシステムへのセキュリティ対策の強化およびBCP対策を実現するため、いつでも利用でき、また保守・運用においてもコスト、負荷の軽減が可能なCYBERMAILΣを採用することとなったという。

<お知らせ>
ITソリューション検討Information

マイナビニュースのIT Search+では、ITソリューションの検討に役立つ情報を掲載しています。
ここでは、IT Search+の人気記事ベスト3をご紹介。ぜひ、ビジネスにお役立てください。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事