政府統計データ活用のアイデア競う「STAT DASHグランプリ」の受賞者発表

総務省統計局・統計研修所と独立行政法人統計センターは4月4日、政府統計の総合窓口(e-Stat)の利便性とサービスの向上や、社会経済における政府統計データのより高度な活用の普及・促進を目的として、統計データや統計APIを活用したアイデアを募集するコンテスト「STAT DASHグランプリ2016」について、総務大臣賞、優秀賞、敢闘賞を発表した。

「STAT DASHグランプリ2016」

コンテストのテーマは、行政サービス開拓部門が「政府が次に作るならこれ!!!」、データ利活用啓発部門が「なるほど!この活用は面白い!!」であった。

総務大臣賞を受賞したのは次の通り。

「行政サービス開拓部門」総務大臣賞

  • 作品名:小中学生のための統計情報ポータルサイト「e-Stat Junior」の提案
  • 受賞者:関西学院高等部数理科学部(代表:佐々木雄司)
  • 概要:学習指導要領に基づいた学年別の推奨統計データを提供したり、小中学生が簡単に統計データを利活用したりできるよう、「専門的な用語を使用しない」「漢字にふりがなを付ける」など、小中学生が統計学習をしやすいようにサポートする統計情報ポータルサイト「e-Stat Junior」の整備を提案。

小中学生のための統計情報ポータルサイト「e-Stat Junior」

「データ利活用啓発部門」総務大臣賞

  • 作品名:オープンデータのためのオープンソース データビジュアライゼーション プラットホームE2D3(Excel to D3.js)の開発とE2D3を用いたデータリテラシー教育事業の創造
  • 受賞者:E2D3 ver.0.7 開発チーム(代表:五十嵐康伸)
  • 概要:Excelで統計データなどをわかりやすく、グラフィカルに表示できるオープンソース・ソフトウェア「みんなで作るデータビジュアライゼーションプラットホーム」を提供し、小学校から大学・企業までの様々な現場における、データリテラシー(必要なデータを見つける力、整理する力、理解する力)の向上を支援する。

オープンソース データビジュアライゼーション プラットホーム

優秀賞は次のとおり。

部門 行政サービス開拓部門 データ利活用啓発部門
作品名(受賞者) JSON-statによる統計データ提供フォーマットの共通化(佐藤英人) 都道府県ごとの健康指標を可視化するwebアプリケーション(AA to FR:藤井亮輔)

敢闘賞は次のとおり。

部門 行政サービス開拓部門 データ利活用啓発部門
作品名(受賞者) J-IdP for Innovation link(板垣真太郎) 2025年の日本型医療に向けた時間軸に着目したデータ分析と地域医療における活用(済生会栗橋病院 小池麻美)
作品名(受賞者) Linked e-Stat(インディゴ ラボチーム松澤有三) e-StatからDB分析エンジンXView(クロスビュー)へのデータ転送・登録機能について(市民のミカタプロジェクト 花谷修一)
作品名(受賞者) オンデマンド集計システムの整備(沖電気工業株式会社 小野正明) 統計API機能を活用した旅行・宿泊支援アプリケーション(世界メッシュコード研究会 佐藤彰洋、中山力、井上卓也)
作品名(受賞者) eL-Stat(世界メッシュコード研究会 井上卓也、佐藤彰洋) 地方自治体の総合的パフォーマンス分析と改善目標を算出するアプリケーションのコンセプトについて(中島卓也)


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事