2016年ゴールデンウィーク、10連休を実現できるのは19.8%

マクロミルはこのほど、「2016年ゴールデンウィーク理想と現実」調査を実施し、結果を公表した。同調査は3月15日~16日、全国の20~59歳の男女(マクロミル提携モニター)を対象にインターネットリサーチにて実施された。男女×年代(20・30・40・50代)の組み合わせを均等に回収し、有効回答数は合計1,245人分となった。

今年のゴールデンウィーク(4/29~5/8)に、3日以上の大型連休を取得できる予定ですか?(全体/n=1,245)

何連休ですか?(3連休できると答えた人/n=499)

2016年4月~5月の大型連休(ゴールデンウィーク)は、5月2日と5月6日の2日を休めば10連休となるが、カレンダー通りの休みだと最大3日の飛び石連休となる。

2016年のゴールデンウィークに3日以上の連休が取得できるかどうかを聞いたところ、「できる」と答えた人は全体の40.1%(499人)となった。「できる」と回答した499人に何連休にできるかを聞いたところ、「10日以上」との回答は19.8%で、「2日休めば10連休」を実現できている人は約5人に1人という結果となった。

一方で、「まだわからない」という人も30.8%おり、これから予定を立てる人もいる様子がうかがえる。なお、3日以上休める人が取得する連休の平均日数は5.9日だった。

理想の「長期休暇の過ごし方(複数回答)」を聞いたところ、1位は「国内旅行」(61.8%)、2位は「海外旅行」(39.9%)と旅行がトップ2となった。一方で、「3連休以上の休暇が取れる」と回答した499人に現実の「ゴールデンウィークの予定」を聞いたところ、1位は「自宅でゆっくり過ごす」(37%)、2位は「日帰りレジャー」(32.1%)となり近場でお手軽に過ごしたり、そもそも外出しないという人も少なくないことが明らかになった。また、理想では60%を超えていた「国内旅行」は現実では23.2%にとどまっており、理想では39.9%(2位)だった「海外旅行」は現実では3%(7位)だった。

理想の「長期休暇の過ごし方」(全体/n=1,245)

現実の「ゴールデンウィークの予定」(3連休できると答えた人/n=499)

なお、マイナビニュースが日本在住の外国人を対象に「1泊2日で旅行をするならどこに行きたい? 」とアンケートを採ったところ、「沖縄」「北海道」「温泉」などの回答が挙がった。カレンダー通りの休みでも、旅行をすることは可能そうだ。(調査結果はこちら)

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事