Google日本語入力「物理フリックバージョン」登場、GitHubで設計図も公開

Google Japanは4月1日、新しい日本語入力IME「Google日本語入力 物理フリックバージョン」を発表した。

Googleがまたやってくれた! 2016年のエイプリルフールネタ、今回はフリック入力を物理キーボードで再現した「Google日本語入力 物理フリックバージョン」

毎年恒例のエイプリルフールネタとして、2013年の「パタパタバージョン」、2014年の「マジックハンドバージョン」、そして2015年の「ピロピロバージョン」に続き、2016年は意外と正統派(?)な「物理フリックバージョン」が登場。

キーの文字面は削り出し。カラーは青、赤、黒、茶、白の4色とのこと

PC用キーボードのキーを押す感覚を、フリック入力が受け継ぎ、Googleいわく「キーのぬくもりがキー(重要)」として開発された物理フリックバージョン。対応機器は、Bluetooth SPPプロファイル対応のPCやChrome、Androidなどで、デスクトップPCの前に置き、通常のキーボード代わりに使用できるスグレものだ。数字&アルファベットのほか、絵文字版も用意されるようす。

この他の仕様は、キーピッチが29mm、ストロークが左右10mm、上下8mm、押し下げ0.7mm。本体サイズはW240×D180×H50 mm(スタンド含まず)、重量が600.13g。発売の予定はないが、基板回路や3DプリンタのデータがGitHubで公開されているので、気になった人は自作する手もあるかもしれない。

通常版、絵文字版、無刻印版(?)を用意する。絵文字版は普通に活用できそうだ……

Google 日本語入力物理フリックバージョン

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事