京セラ、米国のソリッド工具製造販売会社を子会社化

 

京セラは3月30日、米国のソリッド工具製造販売会社であるSGS Tool Company(SGS Tool)の全株式を取得する株式譲渡契約を締結したと発表した。同契約によりSGS Toolは京セラの子会社となり、5月2日にKYOCERA SGS Precision Toolsとして事業を開始する予定。

SGS Toolの子会社化を通じて京セラは、ソリッド工具の製品ラインアップを拡充し、市場のニーズに対してよりトータルに対応できる体制を構築し、顧客に対してより付加価値の高いソリューションを提供することを目指す。また、新たな製造・販売拠点を加えることで北米地域での事業強化につなげるとしているほか、両者のノウハウを活かすことで製品・技術開発の競争力を高め、多様化する市場ニーズへの対応を図るとしている。

SGS Toolの主要製品。左からエンドミル、ドリル、医療用工具



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

Dialog、TSMC 650V GaN on Siプロセスを採用したパワー半導体を発表
[16:56 8/25] テクノロジー
iCloudの空きが減ってきたときは「ダイエット」で対応!
[16:51 8/25] スマホとデジタル家電
【特別企画】スマホに特化したマンガコンテンツ – タテコミの魅力とは?
[16:48 8/25] エンタメ
親の経済力は子が食べる食品に"格差"を生む - 厚労省の乳幼児栄養調査
[16:34 8/25] ヘルスケア
ソフトバンク、「東京お台場FreeWiFi」に電話認証を導入
[16:26 8/25] スマホとデジタル家電