MRJの3月進捗 - 飛行試験で高度1万m超え、月産10機の最終組立工場竣工

 

三菱航空機は3月29日、次世代リージョナルジェット機MRJ(Mitsubishi RegionalJet)に関するWEB情報発信ツール「MRJ Newsletter」第11号にて、3月のトピックスを発表。飛行試験や疲労強度試験機の進捗のほか、最終組立工場の竣工を報告している。

3月に実施された飛行試験の様子

3月には初めて日本海上空での飛行試験や、随伴機を伴わない単独での飛行試験を実施。最高高度は3万5,000ft(約1万500m)、最大速度はマッハ0.65(250Kt、約450Km/h)まで順調に進んでいるという。また、最近の飛行試験では、緊急用発電機の動作確認や、片方のエンジンが停止した場合を想定した飛行能力の検証を開始するなど、飛行中の安全機能の確認も行っている。

疲労強度試験機で離陸・巡航・着陸など機体の耐久性を確認

疲労強度試験機に関しては3月15日、組み立てを完了した試験機を技術試験場に移送。機体の強度を検証する地上試験のうち、疲労強度試験では離陸・巡航・着陸など機体の耐久性を確認している。なお、先行している静強度試験は計画通りに進捗しており、今後、疲労強度試験も着実に進めていくとしている。

3月1日に最終組立工場の竣工式を実施

2つのラインで月産最大10機に対応

3月1日には、2015年1月に着工した最終組立工場の竣工式を行われた。延床面積約4万4,000平方メートルの建屋内は、主に胴体結合・翼胴結合・尾翼結合を行う「構造組み立てライン」と、エンジンや客室内装も含めた艤装(ぎそう)作業を行う「艤装ライン」で構成されており、月産最大10機の生産に対応する。今後、生産設備などを搬入して量産の準備を行い、今秋には量産機の組み立てを開始する予定となっている。また、工場内を見学できる施設の準備も併せて進めている。

(c)2016 MITSUBISHI HEAVY INDUSTRIES, LTD. All Rights Reserved.

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

瀧本美織、ATMに10万円数時間放置も「優しい方が届けてくれたんです!」
[14:24 9/27] エンタメ
金沢発のポップコーンが北陸新幹線かがやきに! はやぶさやこまちも登場
[14:21 9/27] 趣味
青山にミカフェート開業! コーヒーを味わう空間に菓道家によるスイーツ登場
[14:17 9/27] 趣味
今週の秋葉原情報 - 2テラSSDの低価格化が進む、逆回転でホコリを落とすVEGASファンも
[14:15 9/27] パソコン
人工知能でカスタマーサポートの価値は向上するか
[14:14 9/27] 経営・ビジネス