j5 create、Androidスマートフォン向けのドッキングステーション

 

加賀ハイテックは25日、j5 createブランドから、AndroidスマートフォンやAndroidタブレット向けのドッキングステーション「JUD650」を発表した。3月30日から発売する。店頭予想価格は9,980円(税別)前後。

JUD650

Androidスマートフォン/タブレットにインタフェースを追加できるドッキングステーション。本体はスタンド状になっており、端末の縦置きと横置き、角度の調整が可能。増設できるインタフェースは、USB 2.0×4、HDMI×1、D-sub×1、ステレオ音声出力など。映像出力は最大1,920×1,200ドットまで対応する。

本体にはボリューム調整ボタンのほか、スクリーンショット撮影、動画ストリーミング再生、データ転送用というボタンを装備。最大1.5A出力が可能な充電用ポートも搭載する。本体サイズはW110×D180×H20mm、重量は227g。対応OSはAndroid 4.4以降。

人気記事

一覧

新着記事