パイオニア、HDR伝送やGoogle Castに対応したハイレゾAVレシーバー

 

オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは3月28日、パイオニアブランドのAVレシーバー「VSX-831」を発表した。4月下旬より発売する。価格は77,000円(税別)。

VSX-831

VSX-831は、DACチップに旭化成エレクトロニクスの「AK4458」を採用したAVレシーバー。PCM 192kHz/24bitのハイレゾ音源を再生できる。WAV、FLAC、Apple losslessなどのファイルをサポート。DSDファイルはPCMに変換して出力する。

自動音場補正技術「MCACC」を搭載しており、集音マイクで周波数と音圧レベルを測定したうえで、音場を補正しサラウンド空間を構築する。独自開発の「フェイズコントロール」技術により、マルチチャンネル再生で発生する低音の遅れを解消する。

6基のHDMI入力と1基のHDMI出力を備え、HDCP2.2準拠の4K/60p映像、HDR映像、BT.2020などに対応。HD画質のコンテンツを4K相当にアップスケーリングする「Super Resolution」も搭載している。

5.2ch対応で、定格出力は80W、実用最大出力は160W。インタフェースは、光デジタル入力×1、同軸デジタル入力×1、アナログ入力×2、プリアウト×2など。

背面端子

Wi-Fiは5GHz帯のIEEE802.11a/nと、2.4GHz帯のIEEE802.11b/g/nに対応。Bluetoothも利用可能。10BASE-T/100BASE-TX対応の有線LAN端子×1、USB×1を装備している。AppleのAirPlayもサポート。AM/FMチューナーを内蔵し、インターネットラジオ「Radiko.jp」にも対応している。2016年7月下旬のファームウェアアップデートでGoogle Castも利用可能になり、対応の音楽アプリからVSX-831に音楽を送信できる。本体サイズはW435×D370.5×H173mm、重量は9.2kg。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

山田孝之、映画『ジョジョ』史上最低の殺人鬼役に「たぶん素に近い」
[15:50 9/28] エンタメ
メルセデス・ベンツ、クラス初のオープンモデル「Cクラス カブリオレ」発売
[15:47 9/28] テクノロジー
JPCERT/CC、OpenSSLの脆弱性に注意喚起
[15:46 9/28] 企業IT
トヨタ「C-HR」新型コンパクトSUV、日本仕様の概要を初公開 - 年末に発売へ
[15:42 9/28] ホビー
シスコ、1万円台の無線LAN APなど、「Cisco Start」のラインナップを拡充
[15:40 9/28] 企業IT