ノムさん、阪神の走れる1、2番コンビを評価 「そこが今までとは違う」

2番を打つ阪神の横田慎太郎

 28日、『S1』(TBS系)に野村克也氏がVTR出演し、同日に行われた阪神対中日戦を解説した。

 1勝1敗で迎えた同カードの3戦目は、阪神が初回、二死二塁から4番福留孝介のタイムリーで先制。2回には一死一塁からルーキーの1番高山俊がタイムリー三塁打を放つと、続く横田慎太郎にもタイムリーが飛び出し2点を追加。若き1・2番コンビに野村氏は「阪神今年変わったのは、走れる選手が1、2番。そこが今までの阪神とは違う」とコメント。さらに3回にも1点を加え、3回までに4点を挙げる。

 4年ぶりに阪神に復帰した先発の藤川球児は、3回まで無失点に抑えたが、野村氏は「(サインに)よく首を振るんだよな。梅野を信頼していない。今まで首振って変化球なし。首を振ったら真っ直ぐ。そういうパターンだろう」と分析。

 4回一死走者なしからビシエドに本塁打を浴びると、桂依央利にもタイムリーを浴びて、この回2失点。5回はピンチを招くと野村氏は「ボチボチ(藤川は)お疲れじゃないの。監督としては、頑張れと声援を送っているんだろうけど、情を絡めたらダメ」とその言葉通り、藤川はビシエドに2点タイムリーを浴び、日本球界復帰後初登板は5回4失点とホロ苦いマウンドとなった。

 同点に追いつかれた阪神は、6回に新助っ人のヘイグが勝ち越しタイムリー。1点のリードを最後まで守り抜き阪神が、5-4で勝利。中日との開幕カードを2勝1敗で終えた。

 最後に野村氏は金本監督について「監督として未熟だが、これから色々と勉強ですよ」と話している。


本記事は「ベースボールキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事