米倉涼子、ミニスカ黒ワンピで美脚披露「どす黒いドラマに見えますが…」

 

女優の米倉涼子が27日、東京・台場のシネマメディアージュで行われたフジテレビ系主演ドラマ『松本清張スペシャル かげろう絵図』(4月8日21:00~23:22)の完成披露試写会にミニスカートのワンピース姿で登場し、美脚を披露しながら「心温まるお話です」と作品をアピールした。

『松本清張スペシャル かげろう絵図』主演の米倉涼子

このドラマは、江戸時代後期に起こった一大ゴシップ「感応寺事件」をもとに描く歴史サスペンス。米倉演じるヒロイン・縫(ぬい)が、身ひとつで大奥にスパイとして潜入し、国を揺るがす陰謀、大奥と感応寺にはびこる悪事に迫っていく。

数多くの松本清張作品に出演している米倉は「松本清張さんの作品というと、すごくドロドロしてて暗くて怖いというイメージがあるんですけど、今回の『かげろう絵図』は、神秘的で心温まるお話なので、すごく新鮮でした」と感想。この日の衣装は、黒いミニスカートのワンピースといういでたちで、「どす黒いドラマのように見えますが(笑)、とってもいいお話です」と強調した。

同会には、縫が思いを寄せる闇医者・島田新之助役を演じる山本耕史も登場し、「絶対スパイは女性の方が向いていると思います」と持論を展開。「女性って動揺しないじゃないですか。男の人はウソつくのが下手だって言うし、(女性の方が)肝が据わって強い感じがする。そういう意味でも、今回見ていて、女性の強さってなかなか悪くないなと思いますよね」と、米倉の演技を見ての印象を語った。

米倉(左)と山本耕史

一方、当の本人は「スパイっていう感覚よりも、大好きな人への思いの方が強くて、松本清張作品をやってるのに、『なんだろうこの感覚は?』という違和感と楽しさがありました」と撮影を述懐。また、大奥という女性だらけの世界で実際に過ごすことには「きついですね」と本音をもらし、「(大奥を取り仕切る佐島役の)高畑(淳子)さんの形相を見たら、やっぱり怖いと思いませんか?(笑)」と、試写を見た観客に共感を求めた。

米倉が時代劇を演じるのは、今作で2回目だが、京都の撮影現場は「すごく楽しかったです」といい、「やっぱり日本人は時代劇をやるべきですね。なんで日本人なんだろうということが、何となく見えてきそうな気がする」と今後の出演にも意欲。今回は剣術を披露するシーンもあり、練習のかいあって満足の出来だったそうだが、あらためて完成作品の映像を見て「もっと強くなりたいと思いました」と向上心をのぞかせていた。

なお、フジテレビでは、同作の翌週にあたる4月15日(21:00~22:52)に、菊川怜主演の『松本清張スペシャル 一年半待て』を放送し、2週連続で松本清張原作ドラマを編成する。

写真で見るニュース

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

有吉弘行、夏目アナとの熱愛報道否定「誤報記事を書かれてしまって…」
[13:36 8/28] エンタメ
『ガンダムサンダーボルト』版MGサイコザクC3で公開、巨大バックパック再現
[13:34 8/28] ホビー
和田アキ子、清原テレビ復帰「『おまかせ!』は向いてない」
[13:04 8/28] エンタメ
[明日のとと姉ちゃん]8月29日 第127回 常子、星野への思い断ち切れず…
[13:00 8/28] エンタメ
マツコ、スポーツ番組MCに初挑戦 - リオパラリンピック選手に直撃取材
[12:54 8/28] エンタメ

本音ランキング