西川史子、ベッキー復帰に批判的「女性側の感情としてはなかなか許せない」

女医でタレントの西川史子(44)が27日、TBS系バラエティ番組『サンデー・ジャポン』(毎週日曜9:54~11:30)に生出演。不倫疑惑騒動のため休業中のタレント・ベッキーの芸能界復帰に批判的な見方を示した。

ベッキー(左)と西川史子

番組では、仕事関係者や友人に謝罪の手紙を送っているというベッキーの近況を紹介。手紙でベッキーは、ゲスの極み乙女。のボーカル・川谷絵音との不倫について「私ややっていない」と否定し、友達だと説明しているという。

ベッキーと同じ事務所に所属するカンニング竹山が、ベッキーの復帰について「個人的に思うのは、いいんじゃねーの? 何がダメ?」と言うと、西川は「ダメですよ。やったことはいけないことはいけないことですよ」と意見。竹山が「しばらくたってから出れば。家族的な問題だから」と続けると、西川は「イメージがあるじゃないですか」と反論した。

また、ベッキーが手紙で不倫を否定しているということについて、西川は「不倫だと思われても仕方ない行動をしたと思う。いくらやってませんと言っても…」とコメント。「やっぱり、女性側の感情としてはなかなか許せない。あんまり見たくない」と厳しい考えを示した。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事