エアバス、A330neo向け新客室発表 - A350XWB風デザインで航空会社満足度も

 

エアバスは現地時間の3月23日、新キャビン「Airspace by Airbus」を発表。コンフォート・アンビエンス・サービス・デザインをコンセプトに開発され、乗客にとって快適な客室環境を創り出すとともに、航空会社にとって機能的な運用の実現を目指した。

新キャビン「Airspace by Airbus」

新キャビンはA350 XWBに搭載されたキャビンがベースになっており、A330neoへの搭載を予定している。エアバスのキラン・ラオ マーケティングは、「A380がすでに各航空会社にとって最高の、そしてA320は単通路機の中で最も優れた快適さをもたらしている。今回のデザインは、ベストセラーであるA350 XWBと並ぶワイドボディ機のA330neoへ、一貫した方針を提示ことになるだろう」とコメントしている。

A330neoへの搭載を予定

4つのブランドコンセプトに関して、コンフォートではゆとりの個人スペースとくつろぎの空間の提供を、アンビエンスではムードライティングや静粛性や広々とした機内空間によって快適な居住空間の演出を目指した。また、サービスでは次世代の機内エンターテイメントや通信設備、最新の化粧室を備え、乗務員の労働環境を向上させるとともに、デザインによってカスタマイズ可能な洗練された客室空間に人間工学的特徴を取り入れ、運用面での利点も備えさせた。

ムードライティングも自由自在

座席や通路の幅もより広くとられている

具体的には、頭上の手荷物棚スペースがより広くなり、化粧室はスタイリッシュでゆとりの空間を備えている。座席や通路の幅もより広くなり、足元も障害物のないゆとりのスペースを確保。新ブランドの象徴となるデザインは、最新LED技術を採用した照明やクリーンで滑らかなラインの壁面、カスタマイズ可能なウェルカムエリアなどが挙げられる。これら全てのデザイン要素によって、感覚的なゆとりだけでなく、物理的に広々とした機内空間を提供することができるという。

2014年にローンチされたA350 XWBのデザインを踏襲している

関連キーワード

関連記事

【レポート】エアバス最新機A350XWBのすごさが分かる10のポイント - "ライバル機"のボーイング787と徹底比較
[2014/11/27]
これがJALの新「スカイスイート」! 777-200ER導入のIIIを含め全3代を比較
[2016/3/25]
【連載】航空トリビア 第26回 ボーイング独占の中、なぜエアバスは追いつけたのか?
[2015/2/17]
ボーイング、細菌を99.99%死滅させる化粧室開発--空室後に紫外線が自動作動
[2016/3/4]
【レポート】「空港民営化元年」関空・伊丹と仙台はどう変わる? - 利用者メリットの行方
[2016/3/11]
【レポート】北海道新幹線は北の空を変えるのか
[2016/3/25]
【レポート】カタール航空の関空撤退に見る中東エアラインの戦略--首都圏空港問題の実態
[2015/12/8]
【レポート】ピーチの高稼働率の秘密はA320の整備事情にあり! 利益を生むサイクルの現場
[2015/10/8]
【レポート】エアアジア・ジャパン、LCC経営の王道を度外視した中期計画の真意
[2016/2/23]
【レポート】羽田空港の機能強化は世界の空に何をもたらすのか - 東京2020に向け変わる羽田
[2015/12/24]
【レポート】ついにロールアウトされたMRJの実力とは? ANA・JALの導入路線は?--写真24枚
[2014/10/22]
【コラム】航空ビジネスの裏側 第5回 JAL・ANA値下げ合戦が起きない理由 - スカイマークやLCCは運賃構造を変えた
[2015/7/24]
【ハウツー】JAL・ANAのビジネスクラス/ファーストクラスを格安に空で体験できる方法
[2015/9/30]

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

実中研と慶大、ゲノム編集で先天性免疫不全の霊長類を作製することに成功
[15:14 7/1] テクノロジー
7月放送開始の『ウルトラマンオーブ』、早くもBlu-ray BOXの発売が決定
[15:04 7/1] ホビー
【連載】夫婦のLINE 第92回 お言葉ですが閣下
[15:00 7/1] ライフスタイル
ソニー銀行で円定期特別金利引き上げなど夏の特別企画
[14:57 7/1] マネー
中堅・中小企業にもO2Oが容易に構築できるようになった「AppGoose」
[14:53 7/1] 企業IT