【センバツ】龍谷大平安、明石商、木更津総合が8強入り 大会7日目の試合結果

 

26日の試合結果

◆ 優勝候補・東邦は2回戦敗退 

 第88回選抜高校野球大会の2回戦3試合行われ、龍谷大平安(京都)、明石商(兵庫)、木更津総合(千葉)の3チームがベスト8進出を決めた。

 第1試合では2014年の優勝校・龍谷大平安が、八戸学院光星(青森)に2-0で勝利。先発左腕の市岡は6四球と制球に苦しんだが要所を締め、八戸学院光星打線に最後まで得点を許さなかった。

 第2試合では春夏通じて初出場の明石商が、優勝候補の東邦(愛知)に3-0で勝利。打線が長打攻勢でプロ注目の右腕・藤嶋を攻略すれば、先発の吉高は東邦打線を5安打零封に抑え込んだ。

 第3試合では関東王者の木更津総合(千葉)が、近畿王者の大阪桐蔭に逆転勝ち。エース左腕・早川がテンポの良い投球を披露し、9回1失点の好投で、チームを45年ぶりのベスト8進出へ導いた。

 準々決勝では龍谷大平安と明石商の近畿対決が実現。関東勢唯一の生き残りとなった木更津総合は、27日の第1試合で対戦する南陽工(山口)と秀岳館(熊本)の勝者とベスト4をかけ激突する。


本記事は「ベースボールキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

長友佑都が『アナザースカイ』登場 - "アモーレ宣言"後収録で今田耕司は…?
[11:37 7/1] エンタメ
【レポート】1万人ユーザーのSAPをAWSに構築したアズビル、約1億円のコストダウンの見込み
[11:30 7/1] 企業IT
BREXITの衝撃! 金融市場に平穏は戻るのか
[11:04 7/1] マネー
Astell&Kernのハイレゾプレーヤー「AK70」は7月15日発売、69,980円
[11:00 7/1] 家電
【レポート】中山優馬、引き出しの多さ・切り替えの上手さで現場をひっぱる存在に - 監督は語る
[11:00 7/1] エンタメ