G大阪MF井手口陽介、ポルトガル遠征中のU-23日本代表から離脱

井手口がU-23代表を途中離脱(AFC U-23選手権) [写真]=Getty Images

 JFA(日本サッカー協会)は26日、ポルトガル遠征を行っているU-23日本代表からガンバ大阪MF井手口陽介がクラブ事情により離脱すると発表した。

 現在、ポルトガル遠征中のU-23日本代表は25日に国際親善試合でU-23メキシコ代表と対戦し、2-1で勝利。井手口は同試合、後半開始時から途中出場した。

 井手口は離脱にあたり、以下のようにコメントしている。

「まだスポルティング・クルーベ・デ・ポルトガルとの試合が残っているこのタイミングでチームを離れることは非常に残念ですが、残っている選手たちにはヨーロッパ強豪クラブ相手でも自分たちができるんだ、というみんなの力を示してほしいです」

 なお、井手口に代わる追加招集は行わないことも併せて伝えられている。U-23日本代表は28日にスポルティング・クルーベ・デ・ポルトガルとの練習試合を行う。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事