メッシに珍事?…W杯南米予選チリ戦で117試合ぶりのシュート「0」

  [2016/03/26]

チリ戦にフル出場したメッシ [写真]=LatinContent/Getty Images

 24日に行われたワールドカップ南米予選、アルゼンチン代表は敵地サンティアゴでのチリ戦に2-1で逆転勝ちした。

 試合後、「簡単ではない相手に0-1とされた後、反撃する特性が僕らにはあった」と語ったFWリオネル・メッシ(バルセロナ)はキャプテンマークを巻き、90分間奮闘をみせた。

 そんなメッシだが、大手メディア『ESPN』みよると、この日はシュートを1本も打てなかったという。これはクラブと代表を合わせて、117試合ぶりの珍事だという。

 同試合では主に右サイドに張ったポジション取りをしており、その影響もあったのかもしれない。

 アルゼンチンの次戦は29日に行われる地元コルドバでのボリビア戦となっている。

(記事提供:Qoly)


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[アイマス]新作「プラチナスターズ」とローソンがコラボ グッズやイベント招待も
[00:00 5/31] ホビー
スネに傷持つゴルファーが秘境で運命の出会いを果たす、「オーイ!とんぼ」
[23:47 5/30] ホビー
【レポート】COMPUTEX TAIPEI 2016 - ASUSが"第7世代"Core搭載モデルなど2in1 PC「ASUS Transformar 3」シリーズを発表
[23:35 5/30] パソコン
「さんてつ」の吉本浩二、聴覚障害を題材にしたドキュメントマンガ1巻
[23:10 5/30] ホビー
石黒彩、モー娘。時代は「低収入ではなかった」- 番組での発言を訂正・謝罪
[23:06 5/30] エンタメ

特別企画 PR