メッシに珍事?…W杯南米予選チリ戦で117試合ぶりのシュート「0」

 

チリ戦にフル出場したメッシ [写真]=LatinContent/Getty Images

 24日に行われたワールドカップ南米予選、アルゼンチン代表は敵地サンティアゴでのチリ戦に2-1で逆転勝ちした。

 試合後、「簡単ではない相手に0-1とされた後、反撃する特性が僕らにはあった」と語ったFWリオネル・メッシ(バルセロナ)はキャプテンマークを巻き、90分間奮闘をみせた。

 そんなメッシだが、大手メディア『ESPN』みよると、この日はシュートを1本も打てなかったという。これはクラブと代表を合わせて、117試合ぶりの珍事だという。

 同試合では主に右サイドに張ったポジション取りをしており、その影響もあったのかもしれない。

 アルゼンチンの次戦は29日に行われる地元コルドバでのボリビア戦となっている。

(記事提供:Qoly)


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

Windows 10ミニTips 第122回 スリープ復帰時のパスワード入力設定はどこへ?
[12:04 10/1] パソコン
TVアニメ『うどんの国の金色毛鞠』、10月放送開始! 第1話場面カットを紹介
[12:00 10/1] ホビー
『魔法つかいプリキュア!』、第35話の場面写を公開! 新キャラ役にニーコ
[12:00 10/1] ホビー
[SCOOP!]福山雅治が中年パパラッチ役で新境地 陰と陽のバランスが絶妙なエンタメ作
[11:40 10/1] エンタメ
どっち!? 500 ~みんなのホンネが見えてくる~ 第24回 こんな被害に遭ったことある?
[11:30 10/1] 読者プレゼント