『刀剣乱舞-ONLINE-』Wアニメ化! 『刀剣乱舞-花丸-』&『刀剣乱舞(仮題)』

  [2016/03/26]

名だたる刀剣が「刀剣男士」と呼ばれる個性豊かな男性キャラクターとして登場する『刀剣乱舞-ONLINE-』(原案:DMMゲームズ/Nitroplus)のWアニメ化が決定! 『刀剣乱舞-花丸-』と『刀剣乱舞(仮題)』のティザービジュアルが公開された。

刀剣男士を集めて部隊を結成し、さまざまなな合戦場を攻略していくPCブラウザ&スマホ向け刀剣育成シミュレーションゲーム『刀剣乱舞-ONLINE-』。2015年1月にリリースされて以降、女性を中心に大きな支持を獲得し、全国各地に刀剣ブームを巻き起こすほどの人気コンテンツとなっている。

『刀剣乱舞-ONLINE-』Wアニメ化の第1幕として、2016年10月より『刀剣乱舞-花丸-』のTVアニメ化が決定。ティザービジュアルに描かれたのは、新撰組の沖田総司の愛刀である大和守安定(cv. 市来光弘)と加州清光(cv. 増田俊樹)の2人。

時は西暦2205年。歴史改変を目論む"歴史改変主義者"による、過去への攻撃がはじまった時代。歴史を守る使命を与えられた"審神者"によって"本丸"に集められた、最強の付喪神"刀剣男士"。本作はそんな彼らが、とある本丸を舞台に、時に笑い、時に迷い、ひたむきに生きる姿を描く"花丸"な物語となる。

本作のアニメ化にあたり、監督は、TVアニメシリーズ初監督の直谷たかし氏、キャラクターデザインは谷口淳一郎氏(『魔法少女まどか☆マギカ』総作画監督)、シリーズ構成・脚本はピエール杉浦氏(『ばらかもん』シリーズ構成・脚本)が務め、アニメーション制作は動画工房が担当する。

本作の公式サイト、および公式Twitter(@touken_hanamaru)も公開されているので、あわせてチェックしておきたい。なお、『刀剣乱舞-花丸-』のメインスタッフ&キャスト陣から、以下の様なコメントが寄せられている。

■監督・直谷たかし
それぞれの歴史を背負って生きる彼らの物語はどんなものかと考えた時に、前向きに、ひたむきに、悩みながらも明るく生きようとするのがこの作品だと思いました。そんな彼らの様々な想いを飾らず素直に映像に定着させることができれば、現代に生きるすべての人が共感できる物語を描けるのではないかと思っています。

■キャラクターデザイン・谷口淳一郎
ひょんなことからこの様な人気タイトルに関わることになり身が引き締まる思いです。のしかかる期待感の大きさは計り知れないですが、それに見合う様にありったけの力で臨みたいと思います!

■シリーズ構成/脚本・ピエール杉浦
刀剣乱舞をプレイしている時、いろんな気持ちになります。ドキドキしたり、嬉しかったり、悔しかったり、笑ったり…。その一つ一つを丁寧に抽出して、毎回楽しく、心が暖まるストーリーにしたいと思っています。全ての審神者が愛情を込めて刀剣男士を育てているように、私も愛情を込めて真摯に物語を構築します。

■大和守安定役・市来光弘
祝! 刀剣乱舞アニメ化ぁぁぁっ!! これによりゲームでもアニメでもいつでもどこでも(!?)敵兵の首を落とせるようになるのかと思うとワクワクしますねぇ(笑)。審神者の皆さん! アニメで動く加州清光、大和守安定、そして刀剣男士達を…首長くして待てっ!

■加州清光役・増田俊樹
TVアニメ化決定おーめーでーとー! 加州清光役、増田俊樹です。まさかティザービジュアルに選ばれるとは、何があるかわかりません。アニメでは動く彼らがさらに生きたセリフを喋るはず! 僕自身とても楽しみにしています!

そして、第2幕として『刀剣乱舞(仮題)』が2017年より放送開始! 今回発表されたビジュアルには、天下五剣の一つ、三日月宗近が描かれている。アニメーション制作はufotableが担当。公式サイトもオープンしているので、あわせてチェックしておきたい。

(C)2016 アニメ『刀剣乱舞-花丸-』製作委員会
(C)2015 DMMゲームズ/Nitroplus (C)ufotable

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

富士通研、IoT機器を設置・可動のための期間を短縮する技術を開発
[16:18 5/25] 企業IT
フォルクスワーゲン「ザ・ビートル デューン」初のクロスコンセプトモデル
[16:18 5/25] ホビー
声優・井口裕香、2ndアルバム「az you like...」のジャケット写真を公開
[16:16 5/25] ホビー
フォルクスワーゲン「ゴルフ GTI」生誕40周年を記念した特別限定モデル発売
[16:14 5/25] ホビー
アイ・オー、Adobe RGB比95%の23.8型液晶 - 最大3.0AのUSBポートも搭載
[16:08 5/25] パソコン

本音ランキング

特別企画 PR