マツダ「ロードスター」、ワールド・カー・オブ・ザ・イヤーをダブル受賞!

 

マツダ新型「ロードスター」(海外名「MX-5」)が、ワールド・カー・アワーズ主催「2016年ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞した。特別賞のひとつ「ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー」も同時に受賞し、史上初のダブル受賞となった。

「2016 World Car Awards 授賞式」に出席したマツダ常務執行役員、マツダモーターオブアメリカ社長兼CEOの毛籠勝弘氏

「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー」は2004年、世界各国の自動車ジャーナリストによって創設された自動車賞。ワールド・カー・アワーズ(WCA)が主催し、世界各国で1年間に発売された新型モデルの中から、世界23カ国・73名の自動車ジャーナリストの投票で選出される。マツダは2008年の「デミオ」(海外名「Mazda2」)以来、2度目の受賞となる。

新型「ロードスター」はWCAが主催する特別賞のひとつ「ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー」も受賞。この賞を日本車が受賞するのは初めて。1車種によるダブル受賞も、同賞創設以来、初めてとなる。

マツダ「ロードスター」は、アウディ「A4 セダン / アバント」、メルセデス・ベンツ「GLC」とともに「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー」の最終候補の3車種に選ばれ、現地時間3月24日、ニューヨーク国際自動車ショーにて最終結果が発表された。なお、「ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー」においては、ジャガー「XE」、マツダ「CX-3」とともにファイナリスト3車種に選ばれていた。

「ロードスター」はこれまでに「2015-2016 日本カー・オブ・ザ・イヤー」「2016年UKカー・オブ・ザ・イヤー」など、30を超える賞を受賞している。米国で開催中のニューヨーク国際自動車ショーでは、リトラクタブルハードトップモデルの新型「ロードスター RF」が世界初公開されている。

中古車情報

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

プリンストン、4K/2K出力対応の折りたたみ式ドキュメントカメラ
[13:19 7/25] パソコン
なぜディープラーニングにはHPCが必要なのか - ISC 2016
[13:16 7/25] テクノロジー
.OFFなど8つの新gTLD登場
[13:09 7/25] 企業IT
ネットワン、感染端末の検知や推奨セキュリティ対策を提案するサービス
[13:09 7/25] 企業IT
Apple MusicのBeats 1で東京から番組をオンエア - DJ・Ebro Dardenが来日
[12:57 7/25] パソコン