植物由来成分の「プテロシンB」が変形性関節症に効果 - 京大がマウスで確認

 

京都大学(京大)は3月25日、植物由来成分である「プテロシンB」が変形性関節症に効果があることを明らかにしたと発表した。

同成果は、京都大学 iPS細胞研究所(CiRA)/富山大学の大学院生 箭原康人氏、CiRA 妻木範行教授、医薬基盤・健康・栄養研究所 竹森洋プロジェクトリーダーらの研究グループによるもので、3月24日付けの英国科学誌「Nature Communications」オンライン版に掲載された。

変形性関節症は、膝や足の付け根、肘、肩などの関節に痛みや腫れが現れる病気で、骨の末端を覆う関節軟骨が変性することにより起こる。変形性関節症のリスク要因としては、加齢や関節への過剰な負荷、メタボリックシンドロームがある。加齢によって関節軟骨が薄くなること、また加齢とともに変形性関節症の患者数が増えることはよく知られているが、軟骨が薄くなることが変形性関節症の原因となるかどうかは不明となっていた。

これまでの研究で、変形性関節症の軟骨細胞は、通常の軟骨細胞に比べてより成熟した細胞(肥大軟骨細胞)の性質を持っていることがわかっていた。また、妻木教授らのグループはSik3遺伝子を欠失したマウスでは、軟骨細胞の成熟が抑制され、軟骨細胞が増えることを見いだしている。

同研究グループは今回、変形性関節症患者の軟骨では、症状が重症であるほど活性型のSIK3が検出される細胞の数が多いことに着目。薬剤によりSik3遺伝子を欠失させたマウスの関節軟骨を観察した結果、軟骨層がより厚くなっていることを確認した。またマウスに変形性関節症が起こりやすくなる手術を行ったところ、Sik3欠失マウスはSik3遺伝子を持つマウスと比較して変形性関節症になりにくいことがわかった。

また、植物成分由来の化合物ライブラリを調べ、プテロシンBがSik3の活性を抑制することを明らかにした。実際に変形性関節症モデルのマウスの関節にプテロシンBを注入すると、変形性関節症の症状を抑えることができた。さらに、ヒト健常者のiPS細胞から軟骨を作製し、軟骨細胞が肥大化する環境でプテロシンBを加えて4週間培養したところ、プテロシンBが軟骨細胞の肥大化を抑制していることがわかった。

同研究グループは以上の結果より、変形性関節症の治療ターゲットとしてはSIK3が有用であり、プテロシンBは変形性関節症治療薬開発のヒントになりえるとしている。

Sik3f/f:Sik3を持つマウス Sik3Δ/Δ:Sik3欠失マウス 赤く染まった部分が軟骨細胞の部分。右側のグラフは数値化したもの



IT製品 "比較/検討" 情報

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

声優・花江夏樹、TVアニメ『斉木楠雄のΨ難』OPテーマを9月7日にリリース
[20:54 6/26] ホビー
TVアニメ『僕のヒーローアカデミア』、第2期の制作決定! 新PVも公開
[20:39 6/26] ホビー
【連載】ハルとアキ 第44回 好きな人と結婚したい
[20:00 6/26] ライフスタイル
アニメ「ステラのまほう」長縄まりあらメインキャスト&ビジュアル解禁
[19:47 6/26] ホビー
みずしな孝之「いいでん!」最終巻、ファミ通で16年連載されたゲームエッセイ
[19:36 6/26] ホビー