内博貴、初ラップの自己採点「2点」も、KREVA「舞台では100点」

  [2016/03/25]

HIP HOPアーティスト・KREVAが、俳優の内博貴とユニット「ウチクレバ」を結成して挑んだ舞台『最高はひとつじゃない 2016SAKURA』公開舞台稽古が25日、東京芸術劇場プレイハウスにて行われ、KREVAと内の2名が登場した。

前列左からMummy-D(ライムスター)、KREVA、小西真奈美
後列左からAKLO、綿引さやか、増田有華、ブラザートム

同作は、KREVAの音楽と芝居を融合させた「音楽劇」。内が桜の化身である青年を演じ、KREVA演じる謎の男に導かれ、時代を超えた物語を見守るうちに、自分も戦国武将・武田勝頼として”当事者”となっていくという展開だ。全ての物語を見守る”女”役として小西真奈美、各時代を生きる人物として、増田有華、綿引さやか、AKLO、ブラザートム、Mummy-D(ライムスター)が出演している。

ラップ初挑戦となった内は、自分のラップの出来を聞かれ「2点じゃないですかね(笑)」と回答した。今回、内のラップの師匠を務めたKREVAは「内くんにしかできないラップというのを二人で追求して稽古をしているので、芝居とも歌ともラップとも言えないような表現を見てもらえれば。既存のシステムで計れるものではないから」「既存のシステムで測ったら2点ですね(笑)。でも、この舞台でいったら限りなく100点に近いものを2人で作っているので」と評価した。

舞台の見どころを聞かれると、KREVAはMummy-D、AKLOといった日本有数のアーティストが出演していること、全ての曲がKREVA作であることに触れ、「ラッパーが違うラッパーのラップをやるのも面白いですし、ミュージカル女優がラップに挑戦するのも面白いですし、ラップだけじゃなく散りばめられた僕の歌詞が言葉になっているところが見所だと思います」とコメントした。

また、内は同じシーンの多いブラザートムが「毎回セリフを変えてくる」ことを明かしたが、KREVAは「ちゃんと対応できているのがすごいと思う。内容が入っていないとできないんで」と称賛。内は「特にトムさんのシーンは、超集中してます!」と気合を見せた。

劇中ではレーザー光線を使用したステージの中、KREVAと内の「ウチクレバ」による「トランキライザー」「BESHI」「NO NO NO」などが披露された。また、KREVAとAKLOのラップ対決、小西のバレエなどの場面も。上演時間は2時間45分(1幕70分、休憩15分、2幕80分)。

写真で見るニュース

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

サンシャインジュース、より深くクレンズ効果を実感できる新商品発売
[07:30 5/27] ヘルスケア
松平健『X-MEN』最強の敵役で洋画吹き替え初挑戦「大いに暴れたい」
[07:27 5/27] エンタメ
【連載】ねこのはなしをしようか 第8回 猫好きなのに何故猫を飼わないのか
[07:00 5/27] 趣味
【連載】1コマ漫画 猫にありがちなこと 第968回 腹筋時に猫に乗られるとこうなる
[07:00 5/27] 趣味
imecとInfineonが共同で車載用79GHz CMOSレーダーセンサチップを開発
[07:00 5/27] テクノロジー

本音ランキング

特別企画 PR