花粉症の症状緩和が期待できるコールドプレスジュース登場 | マイナビニュース

花粉症の症状緩和が期待できるコールドプレスジュース登場

 

イージェイが運営する「EJ JUICE&SOUP」はこのほど、春限定のコールドプレスジュース「スプリングパンチ」(650円・税込)を東京都・麹町店と渋谷店にて発売した。

「スプリングパンチ」(650円・税込)

同商品は、静岡県の岩崎農園から仕入れた温州みかんを使用したジュース。みかんのほかに、グレープフルーツやレモンといったかんきつ類を配合した。かんきつ類に含まれる「ノビレチン」はアレルギー症状を緩和する作用があることから、花粉症に悩む人におすすめだという。

また、粘膜を保護する成分「ムチン」を含むレンコンも使用。さらに、アレルギー抑制作用がある「ペクチン(りんごの成分)」「タンニン(レンコンの成分)」「ポリフェノール(ミントの成分)」も入っており、あわせて摂取することでつらい鼻炎を和らげる効果があるとのこと。かんきつ類の爽やかな甘みとミントの爽快感で、すっきりとリフレッシュできる味わいだという。

同商品には、岩崎農園の規格外みかんを使用。規格外農産品とは、形のふぞろいさや表面の傷のために「規格外」となってしまった農産物のこと。味や中身には問題がないが、通常の1/30程度の価格しか付かないという(みかんの場合)。収穫量の20~40%を占めるが、流通を断念し廃棄してしまうみかん農家も多いとのこと。

岩崎農園の規格外みかんを使用(イメージ)

同社では、規格外品を仕入れることで、食品廃棄(フードロス)の削減と農家の収入アップに貢献していくという。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事