JCBとLINEが提携、還元率2%の「LINE Payカード」を発行

 

ジェーシービーは3月24日、LINEの子会社であるLINE PAYと協業し、JCBブランドのプリペイド機能付きカード「LINE Payカード」の発行を開始した。

LINE Pay カードデザイン

1,000ポイント以上チャージでJCB加盟店・銀行口座利用が可能

LINE Payは、コミュニケーションアプリLINEで展開する"スマホのおサイフサービス"。LINEを通じてユーザー間の送金や、提携サービス・店舗での決済を行えるものとなっている。

「LINE Payカード」の利用方法としては、事前にコンビニ端末や銀行口座からLINE Pay残高に入金し、国内・海外のジェーシービー加盟店での支払いが行える。

申し込みは、LINEのユーザーであれば可能となっており、LINEアプリ内からの登録することができる。

「LINE Payカード」は100円の利用につき2ポイントのLINEポイントが貯まる(還元率2%)。(LINEポイントは1ポイント=1円)。LINEポイントは、LINE STOREやLINE FRIENDS 公式オンラインショップで利用できる。さらに、LINE Pay残高に1,000ポイント以上チャージすると、ジェーシービー加盟店でのショッピングの利用や、ユーザー間の送金、指定の銀行口座への出金も可能となる。

現在利用できるコンビニ端末は、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、サークルK、サンクス、セイコーマートに設置された端末。また現時点で利用できる銀行口座は、みずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行となっている。

2015年9月時点でのJCB取扱店契約数は、国内が約959万件、海外が約2,006万件。(※高速道路など、一部の加盟店で利用できない場合がある)。

「LINE Payカード」の年齢制限はなし(未成年者は親権者の同意が必要)。発行手数料・年会費は無料。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事