"マーベル作品"大好き芸人が集結! 竹若元博「13時間ぶっ通しで観た」

  [2016/03/25]

動画配信サービス・Netflixのオリジナルドラマ『デアデビル』シーズン2上映イベントが24日、都内で行われ、お笑い芸人のなだぎ武、竹若元博(バッファロー吾郎)、川谷修士(2丁拳銃)、玉城泰拙(セブンbyセブン)が登場した。

左から、玉城泰拙、なだぎ武、竹若元博

『アベンジャーズ』、『スパイダーマン』などを生み出したマーベルとNetflixがタッグを組んだ本ドラマは、ニューヨークのヘルズ・キッチンを舞台に、主人公のマット・マードッグが昼は弁護士、夜は盲目のヒーロー"デアデビル"として正義のために戦う姿を描いた本格アクションエンターテイメント。シーズン1ではヘルズ・キッチンの影の支配者フィクスを倒したデアデビルが、シーズン2では新たに登場する強敵パニッシャーに立ち向かうほか、ヒーローとしての苦悩や複雑な人間ドラマにも焦点を当てて描かれる。

マーベル大好き芸人の一同は、ついに始まったシーズン2に興奮冷めやらず、なだぎが「第1話からパニッシャーが登場して、いきなりのトップギア」と見どころを熱く語れば、竹若は「13時間ぶっ通しで観た」とすでに完全制覇したことを打ち明け、川谷たちを驚かせた。

そんな中、先日行われた映画『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』ジャパンプレミアに出席したことを「浮気じゃないですか?」とスタッフから問いただされた一同。同作はマーベルコミックと双璧をなすDCコミックのキャラクターであることからの質問で、竹若は「僕たちはアメコミが大好きですから」と釈明。そのコメントに「今の言い訳は、浮気した男が女全員好きやからなって言ってるみたい」とツッコミを入れたなだぎは、「浮気は事実です」と断言する川谷同様、アメコミキャラの浮気を認めて「5股ぐらいですかね…」としみじみと語り、笑いを誘っていた。

写真で見るニュース

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

Twitter Facebook Google+ はてな スーパーマーケットのハローズ、需要予測型自動発注システムを導入
[18:52 5/24] 企業IT
ZMP、実車とドライブシミュレーターを用いた実験走行サービスを開始
[18:50 5/24] テクノロジー
読売新聞「yomiDr.」がCMSを刷新 - アクセス数耐性が3倍、運用コストを50%削減に貢献
[18:41 5/24] 企業IT
熊本地震被害は最大4.6兆円 - 内閣府試算
[18:37 5/24] マネー
G-Tune、ストVのトーナメント大会「RAGEマスターリーグ 玄武杯」に協賛
[18:37 5/24] パソコン

本音ランキング

特別企画 PR