大量得点を呼び込んだ森重&吉田のCBコンビ「敵陣でボールを奪い返せた」

 

アフガニスタン戦で先発フル出場した森重真人 [写真]=兼子愼一郎

 2018FIFAワールドカップロシア アジア2次予選が24日に行われ、日本代表はアフガニスタン代表を5-0で下した。

 指揮官が「新しいオーガナイズ」と説明していた新システムの4-3-1-2を起用しての初戦。守備陣が相手のシュートをわずか1本に抑えて、大量得点を呼び込んだ。吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)と森重真人(FC東京)のセンターバックコンビがハーフウェイライン付近まで最終ラインを上げ、相手陣内に押し込み続けた。

「スペースがあるので後ろの怖さはあったけど、それでも麻也と連係を取って、良いポジショニングで相手コートの中でボールを奪い返せた」と森重。懸念していたカウンターやセットプレーでのピンチも未然に防いだ。相手CKも1本、不用意なミスからのボールロストや、ファウルによるセットプレーのピンチもなく、アジア2次予選の全7試合でクリーンシートを達成した。

 吉田も「アウェーで相手との力関係は分かっていた。サイドバックを高い位置に置いて、攻撃に厚みを加える。後ろは最低限の人数で守った」と手応えを語った。

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が前日会見の冒頭で「この2試合の目的は勝利、そして失点をしないこと」と話したように、ミッションを達成。森重は「DFとしてもそうですが、無失点で勝つというのは第一のチームとしての目的。結果については素直に喜びたい」と胸をなでおろした。

 攻撃面でも森重が最終ラインから左右のサイドへボールを散らせば、吉田も74分にCKからチーム4点目を挙げた。攻守にわたって2人の縁の下の力持ちが大勝劇を演出した。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[実力試し]HTML5 認定試験 Lv1 想定問題 (3) 空要素の記述法
[10:00 8/25] 企業IT
IntelのKNL(Knights Landing)の性能は? - ISC 2016 第4回 まだまだ続くコア数の増加とFlopsの向上
[10:00 8/25] テクノロジー
『GANTZ:O』、完成披露上映会の開催決定! 小野大輔、M・A・Oらが登壇
[10:00 8/25] ホビー
本当に高校生? 松本人志も驚いた16歳・北村優衣とは - 苦労の先にあった、松岡茉優との衝撃共演
[10:00 8/25] エンタメ
iiyama、HDMI 2.0ポート搭載の28型4Kディスプレイ「ProLite GB2888UHSU」
[10:00 8/25] パソコン