JR東日本、東芝の自立型水素エネルギー供給システムを武蔵溝ノ口駅に設置

 

東芝は3月24日、東日本旅客鉄道(JR東日本)から自立型水素エネルギー供給システム「H2One」を受注したと発表した。

「H2One」は、東芝独自の水素エネルギーマネジメントシステム「H2EMS」により、再生可能エネルギーと水素を活用して、電力を安定的に供給できるCO2フリーの自立型水素エネルギー供給システム。太陽光発電、蓄電池、水素製造装置、水素貯蔵タンク、純水素燃料電池により構成されている。

今回受注した「H2One」はBCPモデルとして東芝が展開しているもの。屋上に設置された太陽光パネルから供給される電力で製造した水素を水素タンクに貯蔵し、災害時には、水素タンクの水素を使用して燃料電池で発電するという仕組みになっており、駅舎の一部の照明などに必要な電力を供給する予定となっている。また平常時にも電力を供給するほか、「H2EMS」によって水素の製造量、蓄電量、発電量などを制御していくという。

同システムは川崎市にあるJR南武線武蔵溝ノ口駅に設置され、2017年春より稼動開始予定となっている。

自立型水素エネルギー供給システム「H2One」の外観イメージ



IT製品 "比較/検討" 情報

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【レビュー】Windows 10 Insider Previewを試す(第57回) - 今月6回目のビルドアップ! ビルド14376登場
[14:27 6/29] パソコン
終電を逃したとき、いくらまでならタクシーに乗りますか?
[14:14 6/29] マネー
"日本一かわいいコスプレイヤー"御伽ねこむ、漫画家・藤島康介と31歳差婚、妊娠も発表
[13:52 6/29] ホビー
表裏両面の変換効率がほぼ同じ高効率な太陽電池を開発 - imec
[13:50 6/29] テクノロジー
「Salesforce Lightning for Outlook」がリリース
[13:49 6/29] 企業IT