JR東日本、東芝の自立型水素エネルギー供給システムを武蔵溝ノ口駅に設置

 

東芝は3月24日、東日本旅客鉄道(JR東日本)から自立型水素エネルギー供給システム「H2One」を受注したと発表した。

「H2One」は、東芝独自の水素エネルギーマネジメントシステム「H2EMS」により、再生可能エネルギーと水素を活用して、電力を安定的に供給できるCO2フリーの自立型水素エネルギー供給システム。太陽光発電、蓄電池、水素製造装置、水素貯蔵タンク、純水素燃料電池により構成されている。

今回受注した「H2One」はBCPモデルとして東芝が展開しているもの。屋上に設置された太陽光パネルから供給される電力で製造した水素を水素タンクに貯蔵し、災害時には、水素タンクの水素を使用して燃料電池で発電するという仕組みになっており、駅舎の一部の照明などに必要な電力を供給する予定となっている。また平常時にも電力を供給するほか、「H2EMS」によって水素の製造量、蓄電量、発電量などを制御していくという。

同システムは川崎市にあるJR南武線武蔵溝ノ口駅に設置され、2017年春より稼動開始予定となっている。

自立型水素エネルギー供給システム「H2One」の外観イメージ



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

江ノ電「ゴマちゃん号」8月運行 - 『少年アシベ』の特別企画「湘南アシベ」
[23:35 7/28] ホビー
小田急電鉄、いきものがかり野外ライブ会場の最寄り駅へ特別列車を直通運転
[23:24 7/28] ホビー
[トータルテンボス・藤田&千原せいじ]出版イベントで“又吉超え”宣言
[23:22 7/28] エンタメ
JRグループ、お盆の予約状況はおおむね好調 - 北海道新幹線は前年比261.8%
[23:16 7/28] ホビー
サトルワタシハイマモアナタガスキデス「真悟」Tシャツなど楳図グッズに新作
[22:06 7/28] ホビー