【センバツ】創志学園が5回に一挙4点を奪い逆転勝ち!先発・高田は完投

 

大会5日目・第1試合の結果

● 東海大甲府 1 - 5  創志学園 ○
<第88回選抜野球大会・1回戦>

 創志学園が、東海大甲府を5-1で下し、2回戦進出を決めた。

 創志学園は2回に先制を許すも5回、安打と四球などで一死二、三塁とすると、9番本田の犠野選で同点に追いつく。なおも一死二、三塁とチャンスが続き、北川の内野ゴロの間に三塁走者が生還し勝ち越すと、湯井、高井の連続タイムリーが飛び出し、この回4点を奪った。さらに8回にも高井が、この日2本目となるタイムリーで追加点を挙げた。

 投げてはエースの高田が2回に先制を許すも、3回以降は走者を出しながらも粘りの投球。9回を7安打、6奪三振、1失点で完投。

 一方、東海大甲府は先発した松葉が4回までは無失点に抑えたが、5回に4点を奪われたのが痛かった。


本記事は「ベースボールキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

大ヒット映画『シン・ゴジラ』の”女性限定鑑賞会議”とは?
[17:00 8/25] エンタメ
Dialog、TSMC 650V GaN on Siプロセスを採用したパワー半導体を発表
[16:56 8/25] テクノロジー
iCloudの空きが減ってきたときは「ダイエット」で対応!
[16:51 8/25] スマホとデジタル家電
【特別企画】スマホに特化したマンガコンテンツ – タテコミの魅力とは?
[16:48 8/25] エンタメ
親の経済力は子が食べる食品に"格差"を生む - 厚労省の乳幼児栄養調査
[16:34 8/25] ヘルスケア