インテル、「Curie」搭載の開発ボード「Genuino 101」を国内販売

 

インテルは23日、超小型モジュール「Intel Curie」を搭載した開発ボード「Genuino 101」を日本国内で販売すると発表した。価格はオープン。基本的には超小型コンピュータ「Intel Edison」と同様にパーツショップなど販売するという。

Genuino 101

「Genuino 101」は、ボタン大の低消費電力モジュール「Intel Curie」を搭載した小型ボード。米国では「Arduino 101」として、32.12ドルで販売されている。

32bitの「Intel Quark」マイクロコントローラーや、196kBのフラッシュメモリ、24kBのSRAM、Bluetooth LE、加速度やジャイロを含む6軸センサーを備え、初心者のMakerや教育現場の利用に好適という。本体サイズはW68.6×D53.4×H20mm、重量は25.5g。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

[宮沢りえ]黒のシースルードレスで華やかに 「ジャングル・ブック」歌舞伎座プレミア
[22:12 7/27] エンタメ
デルのゲーミングブランド「ALIENWARE」 - その歴史、思想、戦略
[21:41 7/27] パソコン
サイコム、GeForce GTX 1070をSLIで搭載した超ハイエンドゲーミングBTO
[21:40 7/27] パソコン
逆柱いみりの画集「蜃楼紀」発売、台湾での個展を記念し
[21:37 7/27] ホビー
[松本幸四郎]歌舞伎座で初の洋画プレミアイベント開催に感慨 「感無量でございます」
[21:35 7/27] エンタメ