ベリタステクノロジーズ、アーカイブソリューションなど2製品の最新版

 

ベリタステクノロジーズは3月23日、アーカイブソリューション「Enterprise Vault 12」と非構造化データの分析を行う「Data Insight 5.1」の最新版を提供開始した。

今回、2製品に実装された新機能として分類機能やBoxのサポート、自動修復ワークフローなどが搭載されており、これらの機能を組み合わせることで企業をサポートするという。 Enterprise Vault 12は、一元化された分類フレームワークを提供し、重要な情報や規制対象の情報を簡単に特定することで、重要でないデータを削除できる。

さらに、特許出願中の技術または互換の分類エンジンを使用し、電子メール、ファイル、SharePoint、インスタントメッセージ、ソーシャルメディアなどの取得コンテンツを自動的に分類するほか、PB(ペタバイト)規模の情報をアーカイブしている顧客が情報を再分類して、長期的に保持する方法を改善できるように支援。

一方、Data Insight 5.1は新たに法人向けクラウドストレージのBoxをサポートし、オンプレミスのストレージから最も利用されているクラウドオプションまでを対象として、企業全体にわたり、包括的に機密情報を特定できる機能を提供する。

そのほか、「設定修復支援ワークフロー機能」が強化され、アクセス権限とファイル権限の変更を可能な限り自動化でき、セルフサービスポータルから簡単に利用が可能だという。

<お知らせ>
ITソリューション検討Information

マイナビニュースのIT Search+では、ITソリューションの検討に役立つ情報を掲載しています。
ここでは、IT Search+の人気記事ベスト3をご紹介。ぜひ、ビジネスにお役立てください。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

管理職の半数以上が「同年代で活躍している人は3割以下」と回答
[06:30 9/1] シゴト
シュラスコ! サッカー! リオ五輪! ブラジルを丸ごと楽しむフェスタ開催
[06:30 9/1] 趣味
Motorola、「Moto Z Play」発表、Moto Modsに対応する普及帯モデル
[06:02 9/1] スマホとデジタル家電
コロチキのナダル、アメトーーク!で想像を絶する“ひんしゅく”エピソード
[06:00 9/1] エンタメ
秦の始皇帝、裏切り、迫害…過酷な少年時代が今明らかに
[06:00 9/1] エンタメ